スポンサーリンク

あなたのやる気が空回りする前に知っておきたいこと

スポンサーリンク
やる気が上がる8つのスイッチ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「あなたのやる気が空回りする前に知っておきたいこと」です。

「目標を掲げたはいいが思うようにいかない」
「仕事のやり方に違和感を感じる」

そんなあなたに適したやり方を知らないあなたに向けて書いた記事です。

 

情報元は
ハイディ・グラント・ハルバーソンの「やる気があがる8つのスイッチ」です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2種類のやる気タイプ

 

あなたは自分のやる気タイプが何タイプかをご存知ですか?

 

本能的に自分のやる気タイプを知っている方もいますが
自分のやる気タイプを理解している人はあまりいません。

 

もし、あなたが自分のやる気タイプを理解していないのなら知っておく必要があります。

 

なぜなら、
仕事をしているときにあなたのやる気タイプと
別の行動をしてしまうとあなたのモチベーションの低下にも繋がります。

 

それでは、やる気タイプはいったい何種類あるのか?

そして、やる気タイプをどうやって判断するのか?

 

あまり難しく考える必要はありません。

コロンビア大学が提唱しているやる気タイプは全部で2種類です。

1つ目は、獲得フォーカスタイプ

2つ目は、回避フォーカスタイプ

です。

 

1つ目の獲得フォーカスタイプとは、
人からの称賛を原動力にするタイプです。

具体的には
獲得できる最大の利益と
リスクを最小限に抑えることを目的としています。

 

職種で言うと
営業職なんかが当てはまりますね。
※営業職の方は必ずしも獲得フォーカスタイプとは限りませんが。

 

あなたが獲得フォーカスタイプだと感じるなら
他社からのフィードバックは肯定的なものほど
やる気に繋がり
あなたに否定的なフィードバックほどあなたのやる気を低下させます。

 

誉めて延びるタイプで
成果をだし続けたいそんなタイプですね。

 

2つ目のタイプは回避フォーカスタイプです。

回避フォーカスタイプとは、
他人からの批判を避けることを原動力とします。

具体的な行動は
危険を回避し、責任をまっとうすることを原動力としています。

 

職業的には事務職(会計職)などがイメージい合いますね。

 

あなたが回避フォーカスタイプと感じるなら
他人の批判的なフィードバックを受けることでやる気が高まります。

なぜなら、回避フォーカスタイプは危険を避けることを考えているので、
批判的なフィードバックより新しい視点を手に入れ改善しようと力をいれます。

逆に、「君の働きは素晴らしい」など
称賛の言葉を受けるとかえってプレッシャーなります。

 

端的に言えば、
自分の決めたルールをこなし
失敗しない保守的なタイプですね。

 

最後に

 

今回は2種類のやる気タイプをご紹介しました。

 

あなたは、獲得フォーカスと回避フォーカスタイプどちらに当てはまりましたか?

もし、あなたが逆のやる気タイプを使っているなら
是非タイプに合ったやる気の出し方を使ってみてください。

今まで違和感を感じてた部分が緩和されるはずです。

 

そして、もっとやる気の上げかたについて知りたいというなら
ハイディ・グラント・ハルバーソンの
「やる気が上がる8つのスイッチ」はおすすめの本です。

1時間ほどで読めるのに内容は濃いものになっています。

↓にAmazonのリンクをはっておくのでよければどうぞ。

私の過去記事でもやる気の出し方について書いてるのでこちらも参考にしてみてください。

 「目標達成のメソッド

 

あなたのやる気が正しい方向に向かうことを願っています。

引用元情報
著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン
タイトル:やる気が上がる8つのスイッチ コロンビア大学のモチベーションの科学
発売年:2018年
訳者:林田レジリ浩文
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました