スポンサーリンク

あなたの目標設定は大丈夫ですか?目標が失敗に終わる目標設定になっていませんか?

スポンサーリンク
やり抜く人の9つの習慣
スポンサーリンク

 

こんにちは!

今回は、「あなたの目標設定は大丈夫ですか?目標が失敗に終わる目標設定になっていませんか?」です。

「新年に今年の目標を立てたけど達成できるか不安」
「毎年目標を立てるけど失敗に終わる」

そんな目標設定が不十分なあなたに向けて書いた記事です。

 

ちなみに私も、昔は目標を立てても2月には挫折していました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目標が挫折する人の共通点

 

あなたは目標を立てた時に達成率はどれぐらいですか?

 

ほとんど達成できるなら今回の記事は読まなくてもいいかもしれません(笑)

 

目標の達成率が低いあなたはぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

 

 

さて、あなたが立てた目標はどんな目標でしたか?
思いつくだけ今まで立てた目標を思い出してみてください。

 

あなたが目標を達成できなかった場合
あなたの目標に「具体性」が無いことが原因です。

 

目標の具体性とは?
例えば、
「今年はダイエットに成功する」という目標なら
「今年は8月までに10kg痩せる」という目標に言い換えます。

「今年こそ独立する」という目標なら
「12月までに○○で○○万円稼げるようになって独立する」という目標になります。

 

 

 

目標が具体的になると何が変わるのか?
目標が具体的になることによりあなたの行動が変わります。

 

ダイエットの例でいうと
「今年はダイエットをする」ならぶっちゃけた話0.00001kg痩せても目標は達成ですよね。

そして、お菓子やおいしい食べ物を前にすると
「今日ぐらいはいいか」という風に誘惑に負けやすくなります。

運動しようとしても
「今日じゃなくて明日でもいいや」という風に先延ばしにして結局失敗します。

 

「8月までに10kg痩せる」という具体的な目標を持つと

今の体重と比較して後何キロ落とさないといけないのが明確に見えてきます。

そして、今から逆算して8月までに10kg体重を落とすには1ヶ月に何キロ減量する必要があるのかが見えてきます。

そうすれば、今目の前にあるお菓子やおいしい食べ物の誘惑に対して
「今お菓子を食べると何キロカロリーの摂取になるから今月の減量目標に追いつかない」
と考え余計な食べ物の誘惑に打ち勝つことができます。

運動も同じで、
減量目標に対して1日に必要な運動量がわかっているので
「今日やらないと目標が達成できない」
と考えるようになります。

 

 

もう一つ目標を達成させるためのポイントとしては
目標を達成に対して障害となるモノをあらかじめ考えてください。

 

ダイエットの例でいうと
お菓子が目に入るとついつい食べてしまうなら
あなたの目の届かないところにお菓子を隠すかそもそもお菓子を買わない。

買い物の途中でお菓子をついつい買ってしまうなら
お菓子売り場を通らないようにする
もしくは、お菓子売り場がない商店街で買い物をする
など対策を立ててください。

 

人間が誘惑に勝てる確率は50%しかありません
2回に1回は誘惑に負けます。

さらにストレスや仕事で疲れていると
誘惑に負ける確率が上がってしまします。

 

 

ここで大切なのは
目標を具体的に設定し
目標達成になる障害を徹底的に排除することです。

 

目標達成した自分の姿を想像しない

 

あなたは、目標を立てた時どれぐらい目標達成した自分の姿を想像しますか?

 

ダイエットの例なら
引き締まった身体で海に行っている姿を想像してしまいますよね。

 

しかし、目標達成した自分の姿を想像すると逆に目標達成の妨げになります。

 

よく自己啓発本や自己啓発のセミナーでは
「目標達成した自分の姿を想像しましょう」
なんなら毎朝想像しようと言われますがやめてください。

 

もう一度言いますが、
目標達成した自分の姿を想像することはあなたの邪魔にしかなりません。

目標達成した自分の姿を想像することにより
目的を達成したかのように錯覚し
現状と目標の差についていけず挫折します。

 

なので、目標を立てた後は
目標を達成した自分の姿を想像するのではなく
目標達成の障害となるモノを見極めてください。

  

 

そしてもう1つ
本気で目標を達成したいなら
何をすれば目標を達成できるのかを考えることが大切です。

 

もしあなたが億万長者になりたいと考えているなら
どのようにして億万長者になれるか方法を知らなければ億万長者にはなれませんよね?

宝くじで当選すれば億万長者になれますが、
果たしてあなたの力で達成できる目標ですか?
違いますよね。

 

億万長者になるには、ウォーレン・バフェットのように投資だ!
考えとりあえず投資に手を出す。

では、ウォーレン・バフェットがどのように株を買い
なぜ世界1の投資家になれたのか知ってますか?

知りませんよね。

加えて、投資で他の人の後追いをしても最終的に失敗します。
自分で考えて行動し試行錯誤を繰り返さない人間に
お金を手に入れることはできません。

 

ここまで考えたうえで改めて億万長者になるには?
と考えると難しいですよね。

しかし、無理ではないはずです。

 

何を考えどのように資金を集めどのように運用していくのか?

何を初めて何を辞めるべきなのか?

 

目標を設定する際は必ず
目標の障害と
目標を達成させる手順を組み込んでください。

 

ちなみに、目標を達成させる手順は
あなたがどうにかできるモノに限定して下さいね。

 

あなたの力で達成できない目標を設定すると
目標を達成することは不可能になりますから。

 

最後に

 

今回は、目標を失敗しないための目標設定の方法をご紹介しました。

 

目標を達成しようとすると
様々な誘惑があなたを襲います。

「これぐらいでいいや」
「明日やれば」
などの誘惑に負け結局目標を達成することができなくなる人も多いです。

 

そこでおすすめしたいのが、
ハイディ・グラント・ハルバーソンの「やり抜く人の9つの習慣」です。

 

目標を達成するため、仕事やあなたがやりたいと思っていることを
最後までやりきるための必須方法が紹介されています。

もし、あなたが目標を達成するのが難しいと考えているなら
ハイディ・グラント・ハルバーソンの「やり抜く人の9つの習慣」は
おすすめの本です。

ちなみに、1時間ほどで誰でも読める超おすすめの本です。

 

あなたが今年の目標を達成できることを願っています。

引用元情報
著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン
タイトル:やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学
発売年:2017年
訳者:林田レジリ浩文
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました