スポンサーリンク

なぜ、せっかくの休日になにもできないのか?

スポンサーリンク
Tap Tap
スポンサーリンク

こんにちは!
今回は、アニンディヤ・ゴーシュの「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」です。

休日や時間ができたら、あれもやりたい・これもやりたいと思っていても結局何もしないまま終わるそんな経験ありませんか?

そんなやる気はあっても実際何もできない原因を今回はご紹介します。

今回の話を聞いて是非意識的に行動してみて下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 慣れ親しんだ行動には安心感がある

 

あなたは、時間ができたらやりたいことってありますか?

そしてそれはどれぐらい実行できていますか?

 

外食で新しいお店を開拓したいと思いつつも慣れ親しんだお店に行ってませんか?
ミスタードーナツ等で商品を選ぶ時、定番+新しものを選んだりしませんか?

慣れ親しんだ行動が好まれる理由として、「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」では以下のように書かれています。

いざ、何でもできるとなると、意外に何をすべきかわからないものだ。人間は、意欲的になって頭がよく働くという理由から変化を好むが、なじみの行動に従うことに安心感を抱くのだ。

p55 第3章 バランスを保つ

どうですか?
なじみの行動に安心感を覚えること多くないですか?

 

例えば、高い買い物をする時でも
全く知らない店やメーカーを使用することって思い返すと少ないのではないですか?

他にも、美容院や病院等もあの美容師が良いやあの医師の診断は信頼できるから同じところに通ってませんか?

 

この慣れ親しんだ物や行動に対する安心感こそ
休日や時間が空いた時に何もできないことにつながります。

 

ただ、慣れ親しんだ美容院や病院に行くことが悪いことではありません。
やりたいことがあるのに何もしない状況を作ってしまうのが問題です。

特に改善したいと思っていない方はそのままでもいいかもしれませんが、
何かを改善したいと思っている場合は少し慣れ親しんだ物や行動を少し意識して選ぶ必要があります。

特に「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」では、ウォーリック大学ビジネススクールの行動科学教授ダニエル・リードとカーネギー・メロン大学の経済心理学教授ジョージ・ローウェンスタインが、人間はすぐに消費するときには似たようなものを多く選ぶ傾向があることを明らかにしています。

 

これらのことを踏まえて行動してみて下さい。

休日に何かやりたいことがあるなら
先週までの行動を一度見直してから休日を迎えてみて下さい。

あなたが何時に何を何時間しているかを見直すことによって、どの時間を直すべきかが見えてきます。

1時間ごとにタイマーを設定しタイマーが鳴った時に何をしていたかを記録してみて下さい。

もし気づかない内にあなたがYouTubeを何時間もだらだら見ていたら何時間も無駄に時間を使用していることに気づくでしょう。

いざ休日になっても時間を無駄に使用しているなら、タイマーが鳴るたびに自分の行動を直すきっかけになるはずです。

騙されたと思ってやってみて下さい!
自分が何に何時間使用しているかは、意外と過小評価しているものですから

  

最後に

 

今回はやる気があっても休日になると何もできない理由として、人間は慣れ親しんだ行動に対して安心感を覚えるからでした。

 

「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」では、人間の行動を分析したうえでどうすれば人が購買意欲にそそられるのかを研究し紹介されています。

例えば、「場所」「時間」「混雑状況」「クーポン」「天気」「店の距離」等様々な状況を考えて研究されています。

人間の行動に興味があるのなら是非読んでみて下さい!
きっとあなたが無意識のうちに行動してしまってる理由がわかるはずです

 

 


Tapスマホで買ってしまう9つの理由 [ アニンディヤ・ゴーシュ ]

 

引用元情報
著者:アニディヤ・ゴーシュ
書籍名:スマホで買ってしまう9つの理由 Tap
発売年:2018年
訳者:加藤万里子
発行者:村上広樹
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング
装幀:西垂水敦(krran)
写真:ゲッティ イメージズ
編集:川上純子(株式会社LETRAS)
制作:アーティザンカンパニー株式会社

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました