スポンサーリンク

なぜ現代人は無駄な仕事などの99%の無駄を捨てられず1%の大切なことを簡単に捨ててしまうのか?

スポンサーリンク
エッセンシャル思考
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「なぜ現代人は無駄な仕事などの99%の無駄を捨てられず1%の大切なことを簡単に捨ててしまうのか?」です。

「人生で一番大切なのは恋人だといいつつ仕事で恋人をないがしろにしてしまう」
「あれもこれもと欲張りすぎて何も手に入らない」

そんな1%の大切なモノよりも99%の無駄を選んでしまうあなたに向けて書いた記事です。

 

私もあれもこれもと1度に多くのことをやろうとしましたが、
今では何が自分の中で一番大切なのかを見極めるようにして
それ以外の不要物は捨てるようにしています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人生の方向性を見失わせる3つの誘惑

 

あなたは、明日楽しみにしていたライブがあるのにもかかわらず
休日出勤をどうしてもしてほしい(なんなら一方的に休日出勤しろ!)と上司から言われた場合
どうしますか?

 

多くの人は渋々楽しみにしていたライブをあきらめて仕事に行きます。

なぜか?仕事を休めば会社でも立場や最悪仕事をクビになり無職になる可能性があるからです。

 

しかし、仕事を引き受けたばっかりに本当に楽しみにしていたライブをキャンセルすることは
あなたの人生にとってマイナスではないですか?

 

私なら仕事を辞めてでもライブに行ってしまいそうです。
まぁ独り身ですしその辺は身軽なので。

 

とまぁ現代の我々は非常に多くの選択肢の中で生きています。
そして、自分の許容量を超えた仕事や誘いを受けることは日常茶飯事です。

 

しかし、多忙な世の中でも一定数の人は自分にとって本当に大切なことだけは
必ず守って生きています。
そして、人生の満足度も他の人より高い傾向にあります。

 

それでは、人生の満足度が高い人と人からの依頼を断れない人との違いは何なのか?

 

人からの依頼を断れず無駄な作業を抱えてしまう人には
3つの共通する特徴があります。

1つ目は「選択肢が多すぎる」ことです。

2つ目は「他人の意見がうるさすぎる」ことです。

3つ目は「欲張り」なことです。

 

上記の3つを持っている人ほど人生の満足度が下がり
やりたくない仕事まで請け負ってしまいます。

 

次に章から個別に解説していきます。

 

選択肢が多すぎる

 

まず最初にご紹介するのは、「選択肢が多すぎる」という問題です。

 

「人生は選択の連続だ」や「選択の数だけチャンスがある」
と言われていますが、
実際には選択肢が多すぎて我々は疲れ切っています。

 

有名な選択肢の研究で

ジャムを6つ用意したスーパーと
ジャムを16つ用意したスーパーでは
16種類のジャムを用意したスーパーの方が人を惹きつけましたが、
実際に購入されたのは6種類のジャムを置いていたスーパーの方が30%も購入率が高くなっていました。

 

なぜ選択肢が少ない方が多くのお客さんに購入されたのか?

それは、選択肢が多すぎると人間は決定をあきらめるからです。

ジャムで言うと
16種類もジャムがあるとどれを買おうか悩み結局選びきれずに購入されません。
しかし、6種類のジャムの場合は選択しが少なく好みのジャムを見つけやすいので購入されます。

 

我々現代人は16種類のジャムを常に選ばないといけない状態にあります。

例えば、通勤中に音楽を聴くか?YouTubeを見るか?オーディブルを聴くか?本を読むか?
ネットを見るか?Twitterを開くか?など様々な選択肢があります。

そして、選択した先にも選択が待ち受けています。

 

買い物でも、お店で買うのか?通販の方がいいのか?
など選択肢が膨大にありすぎてあなたは常に選択疲れを起こしています。

 

 

人生の満足度が高い人はほとんど選択疲れをおこしません。
なぜなら、何が大切でどれを選べば一番最適なのかを知っているからです。

 

あなたも不要な選択肢は削ぎ落しませんか?

 

他人の意見がうるさすぎる

 

次に紹介するのは「他人の意見がうるさすぎる」です。

 

現代の我々は実生活で接する家族や友人・職場の人だけではなく
ネットの声やSNSの声など様々な意見が入ってきます。

なんなら実際に合わなくても友人や職場の人からラインなどがくる始末です。

 

他人の声がうるさすぎるとあなたは
「○○をしよう」と決めても
周りの意見に邪魔され本当にやりたかったことができなくなる。
もしくはできたとしても楽しめなくなります。

 

例えば、大好きなアーティストの曲を聴いている時に
ふとTwitterで好きなアーティストに関して悪い評判ばかり書かれているのを見つけてしまうと
あなたは純粋に好きなアーティストの曲を楽しめなくなります。

そして、職場で好きなアーティストをいじられた日には
ストレスが溜まるのは明白です。

 

さらに、ネットやテレビにおいてネガティブなニュースを見るだけでも
人間はネガティブになってしまうという研究もあります。

 

現代は情報収集や多くの人に情報を発信するには便利な時代です。
しかし、なんでもかんでも情報を得ているとあなたはパンクしてしまします。
必要のない情報はシャットアウトすることをお勧めします。

なんなら親の言っている意見も必ず正しいわけではありませんし。

 

欲張り

 

最後に紹介するのは欲張りです。

 

世の中はなんでも必要・あれもこれもできないと駄目
という風に考えられています。

 

大学の入試ですら5科目で判断されます
※本当なら入学する学科ごとにの教科で判断すればいいのに

会社ではなんでもできる人材を採用したがります
※最初から全部ではなくて必要最低限のスキルを持っているかで判断すればいいのに

チャンスはつかむべきだと考えられています
※確かにチャンスは手に入れるべきだが全てのチャンスに飛び込むのはバカのやることだ。

 

若干個人的な感想も入りましたが概ね
現代の我々はなんでもやりたがりの欲張りです。

バイキングに行き食べたいものを取りすぎて
結局残してしまう状態に似ています。

 

 

本当に必要なのは
あなたが本当に大切にしている1%を見つけることです。

残りのモノは最悪ゴミと考えてもいいでしょう。

 

あなたにとって何が大切かを考え
それでも候補が5つや10個あると答えるなら
グレッグ・マキューンの「エッセンシャル思考」という本をおすすめします。

「エッセンシャル思考」はあれもこれもと考えずに
本当に大切な1%を手に入れるために考え方です。

あなたがどれもこれも諦めきれないなら
全部を失う前に「エッセンシャル思考」を読むことをお勧めします。

 

最後に

 

今回は、99%の無駄を大切にする人の特徴をご紹介してきました。

 

過去の記事ではエッセンシャル思考について書いているものもあるので
↓のリンクから読んでみてください。

なんでも仕事を引き受けてしまうあなたへ。そろそろ、無駄な仕事はやめて本当に大切な1つの仕事に集中しませんか?

 

あなたが本当に大切な1%を手に入れることを願っています。

引用元情報
著者:グレッグ・マキューン
タイトル:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
発売年:2014年
訳者:高橋璃子
発行者:斎藤龍男
発行所株式会社かんき出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました