スポンサーリンク

なぜ現代人は睡眠不足になりやすいのか?「パレオダイエットの教科書」より

スポンサーリンク
パレオダイエットの教科書
スポンサーリンク

こんばんは!

今回は「なぜ現代人は睡眠不足になりやすいのか?」です。

「最近の全然眠れない」
「よく寝不足ぎみになる」
そんな睡眠不足なあなたに向けて書いた記事です。
 
 
情報元は
鈴木祐さんの「パレオダイエットの教科書」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

睡眠不足になる4大原因

 
あなたは睡眠不足になる原因を知っていますか?
 
多くの人は睡眠不足の原因をなんとなくでしかしりません。
 
睡眠不足に悩んでいるのに
睡眠不足になる原因すら知らないのは
可笑しな話ですよね。
 
 
睡眠不足を改善するならまずは、
原因を知り対処する必要ああります。

 
では、睡眠不足の4大要因とはなんなのか?
 
それは
①光のコントロール
②日中の運動
③ストレスホルモン
④睡眠環境
です。

光のコントロール

 
睡眠不足の原因1つ目は
光のコントロールです。

 
現代の生活にはスマホやテレビなどの人口照明からブルーライトを多く浴びています。
 
ブルーライトとは昔は太陽の光にしかありませんでした。
 
昔の人が、
日が昇れば起き日が暮れれば寝る
そんな生活ができていたのは
ブルーライトに秘密があります。
 
人間はブルーライトを浴びると
メラトニンという睡眠に必要なホルモンを分泌しなくなります。

 
昔の人は夜になれば太陽が隠れブルーライトを浴びないので
夜にはメラトニンが分泌し眠たくなります。
 
しかし、スマホが普及した現代では
寝る直前までスマホなどからブルーライトを浴びているので
メラトニンが分泌されず睡眠不足になっています。


 
あなたは、
寝ようとする何時間前からスマホやテレビをやめてますか?
 
きっと寝る直前までスマホをさわっている人が多いと思います。
 
なので、
最低限としてスマホにはブルーライトカット機能が付いているので
午後6時以降はブルーライトカット機能を使用するだけでもメラトニンの分泌が変わるはずです。

 
 
よりブルーライトをカットしたい片は
ブルーライトを90%以上カットする
オレンジのサングラスなんてものもあるので
試してみてください。

日中の運動

 
睡眠不足の原因2つ目は
日中の運動です。

 
運動と聞くと
ジム通ったりランニングに出掛けたりと
大がかりな運動を想像する方が多いですが
 
睡眠不足解消に役立つ運動は
1日30分のウォーキングだけで大丈夫です。

 
というのもミシシッピ大学が行った研究では、
週に150分の運動で睡眠の質が65%改善される。
しかし、1日30分未満の運動では睡眠の質は変わらず
寝る直前3時間に運動すると逆に睡眠の質は下がると結果が出ています。

  
 
要するに
運動では睡眠不足を改善するなら
1日30分以上歩く!
ただし、寝る前3時間の運動は避ける

これさえ守れば大丈夫です。

ストレスホルモン

 
睡眠不足の原因3つ目は
ストレスホルモンです。

 
ストレスホルモンは簡単に言えばストレスです。
 
人間はストレスを抱えるとコレチゾールというホルモンを分泌し
目が覚めます。

 
あなたも失敗した時に目が覚めた経験はありませんか?
 
昔から人間はストレスを抱えると
短期的な危機から身を守ろうと身体が起きるようになっています。
 
 
ストレスを抱えている人が睡眠不足になるのも
コレチゾールが身体を起こしてしまうからなんです。
 
 
ストレスの解消法は様々ありますが、
どんなストレスにも効くストレス解消法は存在しません。
 
ストレスも病気と同じで
症状に合わせて適切な薬(ストレス解消法)が必要です。
 
 
もし、あなたがストレスを抱えやすいのなら
鈴木祐さんの「超ストレス解消法」(下のリンク参照)を是非読んでみてください。

100個のストレス解消法が紹介されているので
あなたのストレスに合ったストレス解消法がきっとみつかるはずです。

 

睡眠環境

 
睡眠不足の原因4つ目は
睡眠環境です。
 

睡眠環境とは具体的に
寝床の温度や周囲の音の大きさ
あなたの体温などが関係します。 
 
睡眠環境を整えるために
温度調整など細かい工夫もありますが、

一番やって欲しいのは
布団に入って10分で寝れなければ布団から出ることです。

 
人間は無意識に場所ごとに何をする場所かを意識します。

布団はもちろん寝る場所ですが
布団に入って寝ずにごろごろしていると
あなたの脳は布団を寝る場所ではなく
ごろごろする場所と勘違いしてしまいます。
 
なので、
あなたの脳が布団を寝る場所という認識を持つために
寝れないときは布団から出てください。
 
 
布団から出てブルーライトを避けて
読書などをしつつ眠たくなれば
布団に戻るを繰り返してみてください。


 
その他の睡眠環境を整える工夫に関しては
「パレオダイエットの教科書」(下のリンク参照)を読んでみてください。

最後に

 
今回は、睡眠不足の4大原因とその対処法をご紹介しました。
 
睡眠不足の人がすぐに改善されるわけではありませんが
毎日睡眠不足4大原因を取り除けば睡眠不足に悩むことがすくなくなるはずです。

 
あなたが少しでもはやく眠れることを願っています。

引用元情報

著者:鈴木祐

書籍名:新装版 一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

発売年:2019年

発行者:久保田榮一

発行所:株式会社扶桑社

DTP制作:株式会社スタジオダンクイラスト:西アズナブル

編集:安英玉(扶桑社)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました