スポンサーリンク

ジェネリック医薬品よりも値段が高い薬の方が効き目が出る理由

スポンサーリンク
お金に支配されない13の真実
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「ジェネリック医薬品よりも値段が高い薬の方が効き目が出る理由」です。

「どの薬を飲んでも大して効果が変わらない」
「即効性のある薬の共通点が知りたい」
そんなあなたに向けて書いた記事です。

ちなみに私は、ジェネリック医薬品を使用しています。
記事を読んでもらえばわかるとは思いますが私には値段が高いという理由は効きません。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
クラウディア・ハモンドの「193の心理研究でわかった お金に支配されない13の真実」です。

なぜ人間は大切なお金を正しく使えないのか?理由がこの本にはあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

値段が高い方が効果があるのか?

 

あなたがエナジードリンクを買うとしましょう。

中身は一緒で、入ってる成分も同じです。

値段は200円と500円のものがあります。

さぁあなたはどちらを選びますか?

 

結果は聞くまでもないと思いますが、
あなたは200円のエナジードリンクを選びましたよね?

それが普通だと思います。
なんなら私もどちらか選ばなければいけないなら200円の方を選びます。

 

これで値段に騙されずにすみましたね。
なんせ全く一緒で値段が300円も高いドリンクを買ってたかもしれませんからね。

 

ただ、1点だけあなたは見落としていることがあります。

それは、入っている成分が全く一緒でも値段が高いというだけで
効き目は高い値段のエナジードリンクの方が強いこと。

 

驚きました?
まさか同じ成分で同じ容量にもかかわらず
値段が高いというだけで効き目が強くなるのか?

安いは正義か?高いが正義か?

 

薬やエナジードリンク・満足感といった観点からも
安いモノよりも高いモノの方が効き目や満足感は強くなります。
もちろん中身が全く一緒でも。

 

クラウディア・ハモンドの「193の心理研究でわかった お金に支配されない13の真実」では、
高いモノの方が安いモノよりも効果が高いと証明する研究を紹介しています。

 

研究内容は
学生を2つのグループに分け
集中力が上がるエナジードリンクを買ってもらいました。

一方の学生は1缶1.89ドルのエナジードリンクを買い
片方の学生は1缶0.89ドルのエナジードリンクを買いました。
※1ドル約105円

1缶1.89ドルのエナジードリンクと
1缶0.89ドルのエナジードリンクの成分は全く同じで違いは値段だけでした。

そして2つのグループに分かれた学生にそれぞれ
アナグラム(綴り替え)のテストを受けてもらいました。

 

結果、1缶1.89ドルのエナジードリンクを飲んだグループの方が成績が良くなりました。

 

まさか…….
グループ分けの時に1缶1.89ドルを出したグループの方が
成績が優秀な人が固まっていただけだ。
と思いたくなるのもわかりますが、

グループ分けの段階で2グループの成績が均一になるようには調整されています。

研究や実験の基本は比較対象以外は全く同じでないと意味がありませんから。

 

高級店の方が美味しく感じる

  

あなたは少し背伸びをして値段が高い店に食事をしに行った経験がありますか?

「ある」と答えた方は思い出してみて下さい。
美味しかったですよね?

高い金額を払って食べた料理が不味いわけがないと。

料理でも安い料理よりも高い料理の方が美味しく感じます。

 

それは、料理に支払った値段に対して納得のいく美味しさを提供してもらわないといけない。
という無意識の考えがあなたの頭の中にあるからです。

 

たまに、
「私高い値段の料理は口に合わない」
という人がいますよね?

この方はただ単に高級な店の雰囲気に負け落ち着かないから料理の味がわからなかっただけかもしれませんが、
本当に料理の味が分かる人で、値段に味覚が騙されてない人かもしれませんね。

 

料理だけではなく、私のブログにも度々出てきますが
高い=いいモノ・良質な物
という考え方は無意識に思い込んでいる幻想です。

あなたも経験があると思いますが、100均の道具でも使えるものは使えますよね?

逆に高い値段を出して買った道具でも壊れるモノはすぐに壊れますよね?

 

あなたはどっちを選びますか

 

ここまで高いモノの方が安いモノよりも効果が出ると話してきました。

あなたは記事を読んでどう感じましたか?
少しでも高いモノを買って自分をダマそうと思いましたか?

 

私は、クラウディア・ハモンドの「193の心理研究でわかった お金に支配されない13の真実」を
読んだ時絶対に無意識のバイアスに負けないと誓いました。

研究で値段が高い方が効果があると思い込んでしまうのは人間の無意識の考えだと知ることができたなら何か対策ができるのではないか?
と考えた結果
手に入れたものが最適だと思うことにしました。

スマホなども新しい機種に乗り換えてもすぐに新しい機種が出てあなたの買った機種は
古い機種になりますよね。


しかし、考え方を変えればあなたがスマホの機種を変えたタイミングがあなたにとって最適だった
スマホの機種を変えた値段がちょうどあなたにとって最適だった。

などなど自分の行動を正当化してみて下さい。

となりの芝は青く見えると言われるほど、新しいモノ・良いモノに人間は惹かれます。

それを振り切るために自分の身の丈を考え行動するのが良いのではないかと私は思います。

 

借金をしてまでブランド物で身を固めている人をあなたはどう思いますか?
そういうことです。

最後に

 

今回は安いモノよりも高いモノの方が効果が高いということを紹介しました。

 

最後の方には高いモノを否定しましたが、
風邪などの症状でどうしてもしんどくすぐに楽になりたいなら
ちょっと高めの薬を使うのは全然ありだと思います。

ダマされているとはいえ体調が少しでも早く良くなることは良いことですし、
なにより体調が悪い期間が長くなるのとちょっと高めの薬を買う値段を比較したら
将来的価値を考えると早く体調をよくする方が価値は高いですよね?

ようするに積極的に騙されに行くのも時にはいいことということです。

 

今回紹介したようなお金にまつわる様々な研究をクラウディア・ハモンドの「193の心理研究でわかった お金に支配されない13の真実」では紹介してくれています。

あなたがお金に振り回されている、お金に悩まされている、他人がお金持ちなのが妬ましいなど
お金に憑りつかれているならクラウディア・ハモンドの「193の心理研究でわかった お金に支配されない13の真実」はおすすめの本です。

 

お金にとらわれない生活を一緒に目指しませんか?

あなたがお金の不安を抱え毛根が死滅しないことを願っています。


引用元情報
タイトル:MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実
著者:クラウディア・ハモンド
発売年:2017年
訳者:木尾糸己
発行者:佐藤和夫
発行所:株式会社あさ出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました