スポンサーリンク

ソシャゲのガチャやパック開封などの【確率論的な運】から解放される考え方

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「ソシャゲのガチャやパック開封などの【確率論的な運】から解放される考え方」です。

「あの人のガチャ運はとてつもなく高くてうらやましい」
「自分は毎回外ればかり引く」

などあなたがどうすることもできない「確率的な運」で悩んでいるあなたに向けて書いた記事です。

 

私もテイルズオブクレストリアのガチャで散々な目に合ってきたので
今回の話はだいぶ心を癒してくれました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

運のいい人や悪い人は存在しない

  

あなたは、この世に運のいい人間と運の悪い人間が存在するとおもいますか?

 

多くの人は存在すると答えるはずです。

しかし、「確率論的な運」に関しては運のいい人も悪い人もいません。

 

私のようにソシャゲのガチャで大敗したから運が悪い
カードゲームのパックで欲しいカードが当たらないから運が悪い
と考えがちですが

人間は幸福なことよりも、不幸なことをよく覚えている人間です。

 

思い出してみればあなたにも心当たりがあると思いますが
何も悪い結果ばかりではなかったはずです。

あなたも今回は運がなかっただけと知るはずです。

 

ソシャゲをプレイしているならぜひ
持ちキャラや武器を見てください。

思ったより良いもの引いてたりしませんか?

 

 

イギリスの心理学者リチャード・ワイズマンが行った実験でも
運がいい人が本当に存在するのか?を調べた事件があります。

自分は運がいいと思っている人と運が悪いと思っている人を数百人集め

宝くじのナンバーズのような物の番号を予想してもらいました。 

 

そして、心理学者のリチャード・ワイズマンは
「運がいい人が選ぶ数字と運が悪い人が選ぶ数字があるはずだ」
と考え運がいい人と悪い人の数字を集計し

実際に運がいい人が選んだ数字のナンバーズと
運が悪い人が選んだ数字のナンバーズを購入したところ
 

結果は、ナンバーズの6つの数字にリチャード・ワイズマンが買った数字は入ってませんでした。

 

そして、運がいい人と運が悪い人数百人に選んでもらったナンバーズを調べても
高額当選が当たる数字は見つけられませんでした。

 

ようするに、運がいいと思っている人も運が悪いと思っている人も
「確率論的な運」の前では結果は変わらないということです。

 

ソシャゲのガチャでよく言われる「確率は収束する」ってやつですね。

 

 

なので、「確率論的な運」の結果に一喜一憂して落ち込むのは無駄だということです。

もちろん、SNSを見れば
あなたが欲しかったキャラを引いている人を運がいいと思ったりすることはあるでしょう。
そんなときはその人の過去のガチャ結果を見れば
散々な結果の時もあればいい時もある。

今回は、ひきが良かったそれだけ
と気づくはずです。

 

まぁソシャゲのガチャに関しては「確率論的な運」もありますが結局は
試行回数を増やすことが重要になってくるので

課金すればいいんですよ(悪い顔)

 

運がいいと思っている方がメリットは大きい

 

「確率論的な運」な運のいい人と運の悪い人はいないという結論ですが

運がいいと思うことは決して悪いことではありません。

 

なぜなら、自分のことを運がいいと思うと行動する原動力につながるからです。

よく言われる「宝くじは買わないと当たらない」的な話です。

 

あなたは、自分の運が悪いと思った時に宝くじを買おうとすら思わないですよね。

しかし、今日は運がいいと思った時何となく買ってみて当選することもあります。

 

運がいいと思っている人の方が行動を起こしやすくなります。

 

運を味方につける話は過去記事で書いてるので↓のリンクから読んでほしいのですが、

 

運を操る力を身に着けるために必要な前提条件その①「不安に強くなる」

運を操る力を身に着けるために必要な前提条件その②「試行回数を増やす」

 

その中に「試行回数を増やす」というものがあります。

 

試行回数を増やすとは、文字通り
行動の回数を増やすことです。

例えば、1人に告白して付き合える確率と
100人に告白して付き合える確率なら
100人に告白して付き合える確率の方が高いですよね
(道徳的観点は置ておいて)

 

なのになぜ、彼氏・彼女が欲しいと思っているのに動かないのか?
それは、1回振られて諦めてしまうからです。

例えあなたのことを誰かがブサイクと言ったとしても
100人中1人はあなたのことを本気で好きになってくれるかもしれません。

 

しかし、多くの人が1度ダメだったから諦めます。
人は損失を嫌う生き物なので
2度と同じ思いはしたくないと殻にこもり抜け出せなくなります。

 

顔が微妙でも、性格が微妙でも彼氏・彼女が途絶えない人は
行動回数がきっと多いんでしょうね。

色んなところに行き色んな人にアタックしている。

 

そうして、外から見ているあなたはこう考えるはずです。
「彼氏・彼女が途絶えないなんて運がいいな」と

 

他人の運がいいと思う結果には「確率論的な運」以外には
必ずその人が運を引き寄せるために行った行動があります
※スピリチュアルなモノは除く

起業して成功したのは運がいいからではなく
事前の戦略が正しかった、人より多くの事前調査を行っていた
などの運がいいで片付けるにはもったいない理由付けがあります。

 

あなたも人の運をうらやむ前に自分の行動を変えてみませんか?

最後に

 

今回は「確率論的な運」に惑わされることの愚かさをご紹介しました。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた
メンタリストDaigoさんの「運は操れる」では
試行回数を増やす」のような「確率論的な運」以外は行動で変えれることを紹介してくれます。

 

あなたの人生の運気を上げるために占いや神様に祈願するぐらいなら
メンタリストDaigoさんの「運は操れる」を読むことをおすすめします。

恋人もお金も向こうからきてはくれませんよ。

 

あなたが運に惑わされないように願っています。

 

引用元情報
著者:メンタリストDaigo
タイトル:運は操れる
発売年:2018年
発行者:室橋一彦
発行所:株式会社マキノ出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました