スポンサーリンク

一般人の50倍のアレルギー・全身湿疹・痒みに苦しんだ男の闘病記#3

スポンサーリンク
書籍紹介
スポンサーリンク

こんにちは!

前回→https://hiroki-library.com/?p=465

前回の治療の結果から次のステップに進んだので2~3週間の話をご紹介します。

「体が痒くてなかなか寝付けない」
「人前でも体をかいてしまう」
そんな私と似た境遇の人が少しでも元気に暮らせるようにと思い書いた記事です。

 

最近の簡単な近況は、
痒みは大分おさまってきたんですが、
アレルギーのせいで顔と頭皮と首回りにニキビが多数出現し割とショックを受けています。

ニキビも1個や2個ならいいんですけど、
サービス開始したばかりのソシャゲ並みにニキビができてしまてます……..

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

治療開始4週間目~6週間目の治療内容

 

4週間目~6週間目の3週間も前回とおなじく塗り薬と飲み薬での治療でした。

下記の画像が実際に処方された薬の一覧です。

詳しく書くと

・飲み薬

コタロー黄連解毒湯エキスカプセル
1日3回2錠 毎食後
【効果】
炎症や充血を取り除き、精神不安・不眠・イライラなどの症状を改善する。

・塗り薬

『頭皮』
ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルローション0.05%「JG」
【効果】
湿疹や皮膚の炎症やかゆみを抑える

『顔』
サブ:タクロリムス軟膏0.1%「イワキ」
【効果】
アトピー性皮膚炎に用いる塗り薬


サブ:スピラゾン軟膏0.3%←前回も使っていた薬
【効果】
湿疹や皮膚の炎症やかゆみを抑える



『体部四肢』
スチブロン軟膏0.05%
【効果】
湿疹や皮膚の炎症やかゆみを抑える

『全身』
ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「日医工」(150g)
【効果】
保湿作用があり、乾燥肌に用いる。
また、血行障害による痛みや炎症を改善

 

治療の体感効果

 

4週間目~6週間目にはいると処方される薬の強度も弱くなっていきました。

薬の強度を弱くしてもかゆみは治まったままなのか?

 

頭皮
今回一番の悩みと言っていい頭皮です。
なぜか?
それは治療開始当時は薬を塗るために2mmの坊主にしてたのですが、
髪の毛が伸びてきたのでまた坊主にするか悩んでいます。

かゆみが綺麗に消えて、頭皮の皮膚片が髪の毛に散らからないといいのですが
いまだに皮膚片は多少散らかっています。

そして、髪の毛が伸びてきたことにより頭皮を掻く頻度も増えた気がします。

髪の毛のチクチクが原因なのか?
それとも髪の毛を綺麗に洗えてないのか?
疑問は残りますが、かゆみは多少再発してしまったという結果になりました。

もう1度2mmの坊主に戻ろうと思います。

 


次に顔なんですが、冒頭にも書きましたがニキビが凄く出てきました。

相変わらず原因は不明ですが、
アレルギー源の食材を食べた時に体調面に影響は出ない代わりに
ニキビ(身体的ストレス)として出てきた感じはします。

ニキビが増えだしてからは、アレルギー源を気にして
「レタス」「小松菜orほうれん草」「サツマイモ」「豚肉」「卵」「各種スパイス」
をメインに摂取し、野菜はいつも通り1日600~800gを必ず摂取するようにしました。

しかし、肌の細かい毛穴の汚れは綺麗になっていますが
ニキビは一向に治りません。

何かの呪いにでもかかってるんですかね?(笑)
ちなみに、小学~中学生の頃は「ニキビ大魔王」と呼ばれるぐらいには
昔からニキビを支配し頂点に君臨していました,…….うれしくない………….

身体(四肢)
身体のかゆみはほとんどないに等しいのですが、
1点だけ、右背筋のくぼみにたまにかゆみが出てきます。

それ以外はめだった湿疹も出てきていません。

なんならノルウェー式HIITを3セット(ランニング)をやっても
自分の体重以上の重さを上げる筋トレを行ってもからだはかゆくなりません。

半月前なら汗をかくだけで体が悲鳴を上げていたのにです。

こう考えると、ちゃんと治ってきていることが実感できます。

飲み薬について

 

今回処方された薬で飲み薬だけが別ベクトルのものに変わりました。

黄連解毒湯は体の炎症を抑える効果を期待されているのに加え
精神不安や不眠を抑えてくれることも期待されていました。

 

4~6週間目はちょうど転職していた時期で仕事先が決まらず貯金が減っていることに
焦りを感じていました。

ブログを書いても収益的にはスズメの涙も無い程度で
とても生計を立てられるものではありませんでした。

そして、やっきになって暴飲暴食したり
夜中眠れずブログを書こうと思っても進まずなんて日々を繰り返していた時期なので
医者からついに精神不安や不眠に効果がある薬を処方されました。

 

精神不安や不眠が悪化したのをきっかけに、
瞑想や運動・読書など日頃行っていた何もかもが手につかず
寝るか不安になるかYouTubeを見るだけの日々になっていました。

薬を飲んで不安や不眠が減少したのをきっかけに
1日15分しかしていなかったマインドフル瞑想を1日朝20分寝る前30分計50分行い

運動も2日に1回は必ずジムで筋トレ&ノルウェー式HIITのランニングを行い
間の1日は必ず30分以上歩くようにしました。

そして、夕方からは部屋を豆電球で過ごし
オレンジサングラス(ブルーライトカット98%)を着用するようにしました。

瞑想と運動により、不安や自分の置かれている状況を客観的に判断できるようになり
夜暗いところで過ごすことによりベットに入るとすぐに眠り睡眠の質も上がりました。

どれも科学的に根拠のある方法を再度実践してみただけなので、
知っているけど使えてなかった知識を使うことは大切だと改めて実感しました。

最後に

 

今回も、私の症状と治療の進捗具合をご紹介しました。

まぁおおむね元気です。

ただ、今すぐ死んでラクになるか?この先も生きたいか?
と問われればまだ死んでラクになりたいと思っていますけど。

みなさんは私みたいにひねくれては無いと思うので、
「湿疹」「かゆみ」に立ち向かう際は是非私が行っている治療を試してみてください。

 

最後にまたいろいろ宣伝するので、
時間がある方は見てくれると嬉しいです。

1つ目はTwitterのフォローお願いします
次の闘病記や意外と知られてない情報を発信してます。
https://twitter.com/ZQjuyoelKQvynmk

2つ目はこのブログの他のページも読んでもらえると嬉しいです。
内容は、科学的研究をもとに書かれた本をもとにかいてます。
自己啓発本や根拠のない発言よりも有意義なはずです(私調べ(笑))
https://hiroki-library.com/

3つ目はゲーム実況をやっているので見てくれると嬉しいです。
やってるゲームは
「モンハン」「FALL GAYS」「テイルズ」です。

書籍紹介闘病記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
Hirokiをフォローする
スポンサーリンク
生き抜くための一冊

コメント

タイトルとURLをコピーしました