スポンサーリンク

何かを手に入れるためには何かを諦めなければならない【トレードオフ】の考え方

スポンサーリンク
エッセンシャル思考
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「何かを手に入れるためには何かを諦めなければならない【トレードオフ】の考え方」です。

「あれもこれもほしい」
「AとBどちらも捨てがたい」
と1つのことに絞ることができないあなたに向けて書いた記事です。

 

私も趣味はテイルズやゲートルーラーなど沢山ありますが
何かを選ばない時は必ず田村ゆかりさんにつながる道を選ぶようにしています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2頭を追うものは1頭も得ず

 

あなたは人間関係とお金どちらかを選ぶならどちらを選びますか?

生きていくのに、人間関係もお金も大切ですからどちらかなんて選べない人も多いと思います。

人間関係をいらないといっている人でもTwitterなどでつながりがある人も多いですし。 

 

と考えると、人間関係もお金も捨てられないからどちらも大切!
という考え方に行きつくと思います。

 

しかし、人は全部こなせると思うと何も得ることができなくなります。

 

例えば、
人間関係とお金両方を確保するのは現実的に難しい問題です。

人間関係の維持にはお金が必要になります。
今でこそオンライン飲み会がありますが、
実際に合って話すと場所代やご飯代がかかりお金が無くなります。

逆にお金を大切にすれば、
人間関係に使う出費を考えると必要の無い人間関係を切る必要も出てきます。

 

人間関係を取ればお金が減り
お金を取れば人間関係が減る

 

そして、人間関係とお金両方を取ろうとすれば
人間関係にお金を使いお金が無くなったので借金をする。
借金がバレて人間関係が壊れる
なんて極端な例もあります。

  

 

結局何かを得るためには何かを諦めないといけません
専門的な用語を使うと「トレードオフ」と言います。

 

我々人間は自分の欲しいものは何でも手に入れようとしますし
何でも手に入れられると思い込んでいます。

 

人間関係をもっと深堀していくと
友人と恋人をどちらを取るのか問題もあります。

友人とばかり遊んでいると恋人から愛想をつかされますし
恋人ばかりと遊んでいると友人から付き合いが悪くなったと思われます。

友人と恋人両方を取ろうと考えると
今度はあなたの生活を犠牲にしないといけなくなります。

社会人であれば週5日は仕事そして、休日は2日
友人と恋人両方を取ろうと休日2日とも使うとあなたに残された時間は無くなります。

さらに、土曜日に恋人と遊んで朝帰りになった場合
友人との約束に間に合わなくなることも考えられます。

 

多くの人は友人も恋人関係も両立でいると考えていますし
実際に両立していると感じている人もいます。

しかし、多くの場合両立していると感じていても友人・恋人どちらかに比重が偏っています。

 

 

客観的に見ればみんな両立できているし自分もできると考えてしまいますが
本人からすればどちらかを選んで行動しています。

友人を遊びに誘った時に
「ごめん、今日デートだから」
と言われたことありますよね?
つまりそういうことです。

 

トレードオフができない企業は倒産する

 

ここまで、「トレードオフ」を1個人的な視点で見てきましたが、
実は「トレードオフ」ができていない企業もたくさんあります。

 

例えば、
大手航空会社が路線を拡大していた時代があります。

航空会社は快適な空の旅のために、高い料金を取る代わりに
機内食や座席指定などを導入していました。

成功している航空会社が高い料金でお客さんを満足させているから
後追いの会社も同じように行動します。

 

しかし、後追いの会社は大手の真似をしつつ独自の何かを加えようとして失敗します。

つまり、「トレードオフ」が考えられずに全部をこなそうとして失敗したのです。

 

逆に大手航空会社が路線を拡大している時代に成功した航空会社と言えば

機内食は出さないと決め、座席指定も行いませんでした。
その代わり他の航空会社よりも安価な値段で提供していました。

 

この結果、移動手段としか考えていない客層を取り込むことに成功し
現代の格安航空会社の発進とも呼べるものになりました。

 

 

他社の後追いをした企業と格安航空を提供する会社の違いは一目瞭然だと思います。

今のあなたなら
「なぜ他社の後追いなんて馬鹿なことをしているんだ」
と考えるかもしれませんが、現実で同じ境遇に陥った時に
あなたは果たして格安航空のような選択ができますか?

 

あなたが、30分の休憩と決めて動画を見始めたと考えてみてください。
運悪く見た動画は35分の動画でした。

あなたは途中で動画の視聴を辞めることができますか?

それとも、動画を最後まで見てその後の予定も問題なくこなせると考えますか?

 

もし、後者を選んだならもう一度「トレードオフ」について考えてみてください。

 

 

今回紹介した「トレードオフ」のように人間は多くの無駄に全力を尽くし
本当に大切なことに全力を出せなくなっています。

記事を書くにあたり引用させていただいた
グレッグ・マキューンの「エッセンシャル思考」では
99%の無駄を捨てて1%に集中する方法が紹介されています。

 

あなたが、何にでも手を出してどれも中途半端に終わっているなら
本当に大切なことを見つけ出すのにおすすめの本です。

↓にAmazonのリンクを貼っておくのですべてが無駄になる前に読んでみてはいかがですか?

最後に

 

今回は、「トレードオフ」についてご紹介しました。

 

何にでも手に入ると考えるのではなく
本当に大切なことは何か?何が自分に大切なのか?
を教えてくれる「エッセンシャル思考」という考えを

過去の記事に書いているので興味があれば↓のリンクを貼っておくのでどうぞ

なぜ現代人は無駄な仕事などの99%の無駄を捨てられず1%の大切なことを簡単に捨ててしまうのか?

 

あなたが、全部ではなく1つを確実に手に入れることを願っています。

 

引用元情報
著者:グレッグ・マキューン
タイトル:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
発売年:2014年
訳者:高橋璃子
発行者:斎藤龍男
発行所株式会社かんき出版

 

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました