スポンサーリンク

失敗をするほど成功に近づくというのは本当なのか?

スポンサーリンク
ジョン・ブロックマン
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「失敗をするほど成功に近づくというのは本当なのか?」です。

「失敗なんかしたくない」
「自分は完璧でありたい」
「失敗は成功の母っていうのは本当なのか?」
など失敗に対してマイナスのイメージを持っているあなたに向けて書いた記事です。

ちなみに私の人生は生まれた時点で失敗だっとおもってますよ。
生きる価値よりも生きている労力の方がつらいですから。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
ジョンブ・ロックマンが編集した「天才科学者はこう考える」より
ワイアード誌創刊編集長のケヴィン・ケリーが書いた
「失敗が許される環境だと人は成功しやすいー失敗を成功に結び付ける力」です。

一般人ではなく何かを極めた人の考えを知るには「天才科学者はこう考える」はおすすめの本です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

失敗から成功につなげるには?

 

失敗が悪いと考えている人ほど失敗と成功を切り離して考えてしまっています。

失敗は成功と結びつけなければ本来の力が発揮できません。

 

では、失敗を成功につなげにはどうすればいいのか?

それは、

 

 

失敗から何かを学ぼうという姿勢が大切なのです。

  

今私はすごく当たり前のことを言いました。

あなたもきっと、当たり前すぎて開いた口が塞がらないでしょう。 

 

しかし、人間というのは当たり前のことを当たり前にできな生き物です。

少し失敗の話から脱線しますが、

あなたは、
ダイエット中にダメだと分かっていてもお菓子を食べたことありませんか?
運動は身体にいいと知っているのに最後に運動したのはいつですか?
仕事に行きたくないと言ってるのになんでまだ仕事にいってるのですか?
睡眠時間が大切なのになんで夜更かしをしてるのですか?
YouTubeなどSNSは時間泥棒だと知っててなぜ見るのですか?

以上誰もが当たり前にそれは「ダメだよね」とわかっているのに
ついついやってしまっていることです。

何が言いたいかというと人間は
当たり前に行動することが一番苦手なんです!!!

 

失敗から何かを学ぶことは当たり前ですが多くの人が
失敗から何も学んでいません。

失敗から学ぶには?

 

失敗しても人間は何も学ばないことをご紹介しました。
※少し語弊がありますが、気にしないでください。

 

では、失敗から学べるようになるにはどうすればいいのか?

それは、

 

 

失敗から逃げないでください。

 

 

多くの人が失敗を人のせいにして、自分から責任逃れをしています。

テスト結果が悪かったのは、部活で勉強時間がなかったから。
仕事が上手くいかなかったのは周りのサポートがなかったから。
料理が上手く作れないのは調理器具が悪いから。

と何かに対して責任をなすりつけ自分は責任ないと考えます。

 

あなたも人に責任をなすりつけた経験はありませんか?

 

ありますよね。

テイルズオブジアビスのルークの名台詞
「俺は悪くねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」

みたいに考えましたよね。

悪いのはあいつだ、俺じゃないと。

 

責任逃れをしていては失敗は本当にただの失敗になります。

 

 

失敗した時は
「なんで失敗したのか?」「ほかに方法がなかったのか?」
を考えて下さい。

 

当たり前ですが、失敗した原因は少なからずあなたにもあることを忘れないでください。
本当に他の人の失敗でも、あなたには改善できる余地があるはずです。

部下の失敗なら管理面の問題。
上司の失敗なら詳細の説明不足などなど

いくらでも対策を考えることができます。

失敗のリストを作る

 

世界一の投資家ウォーレン・バフェットの友人である
チャーリー・マンガーは他人の失敗をまとめた本を作っています。

 

チャーリー・マンガーが他人の失敗をまとめた本を作った理由は、
人は他人の失敗から学ぶ機会が多いことを知っているからです。

 

とある研究で、
自分の成功・自分の失敗・他人の成功・他人の失敗
どれから一番教訓を得ることができるのかを調べた研究があります。

 

結果は、他人の失敗から一番教訓を得ることができることが分かりました。

 

 

そもそもあなた自身が失敗した時に得られる教訓は、
「次に同じことが起きそうなとき」にしか効果はありません。

当然ですよね?
全く新しことに対してあなたの経験は生かされませんから。

しかし、他人の失敗から得られる教訓は
「全く新しいこと」にも効果があります

 

あなたが、起業するとしましょう。
しかし、あなたの失敗経験には起業で失敗した経験がありません。
あなたにとっては前人未到の領域に足を踏み込むことに等しいです。

そこで、他の起業家の失敗経験を知っているとどうなるのか?
当たり前ですが、失敗した内容を吟味し何故失敗したのか?を考えて
同じ失敗を繰り返さないように対策してから起業しますよね?

 

このように、あなたの人生で経験できる失敗の数は知れてますしあなたの経験外のことには役に立ちません。

そんな時に役に立つのが、他人の失敗から得た教訓です。

 

今ある文明や技術・研究さまざまなモノは過去から受け継がれた失敗を上に成り立っています。

 

あなたも、失敗から逃げずに向き合ってみて下さい。
そして、他人の失敗を喜ぶのではなくあなた自身のことだととらえ解決策を考えてみて下さい。

最後に

 

今回は、失敗を成功につなげる方法をご紹介しました。

 

投資でもなぜ株価が上がるのか?下がるのか?
負けたら何がダメだったのか?などを考えると成功につながりますよ。

 

そして、「天才科学者はこう考える」では一般人の思考とはかけ離れた
天才達が世界をどう見て何を考えて生きているのかを知ることができます。

知るだけではもったいないので、天才達が考え失敗経験をあなたの力に変えてみませんか?

 

失敗からあなたが成功することを願っています。

引用元情報
編者:ジョン・ブロックマン
訳者:夏目大 花塚恵
発行年:2020年
発行所:ダイヤモンド社
装丁デザイン:竹内雄二
装丁画像:Paul Campbelll/iStock
本文・図版デザイン・DTP:松好那名
製作進行:ダイヤモンド・グラフィック社
印刷:信毎書籍印刷(本文)・新藤慶昌堂(カバー)
製本:川島製本所
編集協力:野口孝之
編集担当:上村晃大

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました