スポンサーリンク

学習効率を高める正しいBGMの使い方「超効率勉強法」より

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

こんばんは!

今回は「本当に勉強効率の上がるBGMの使い方」です。
 
「勉強してる時に音楽を聞いてる」
「音楽が集中力を下げることをしらない」
そんな勉強中に音楽を聞きたいあなたに向けて書いた記事です。

情報元は
メンタリストDaiGoさんの「超効率勉強法」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ勉強中に音楽はダメなのか?

 
あなたは勉強中に音楽を聞きますか?
 
多くの人は勉強中に必ず音楽を聞くと答えます。
 
ちなみに、音楽があなた集中力を下げていることを知っていますか?
 
音楽を聞いていると集中力が上がると思い込んで音楽を聞いている人がいますが
実は、音楽を聞いて集中力が上がるのは嘘です。
 
あなたの集中力が上がると感じるのは
モチベーションを上げるドーパミンなどが分泌し
気分が良くなるだけです。

 
 
なぜ、音楽を聞くと集中力が下がるのか?

それは、勉強する頭と音楽を聞く頭が別だからです。
 
 
勉強しながら音楽を聞くことは
右を見ながら左を見ることと同じです。
 
 
音楽を聞きながら勉強をしたことがある人ならわかると思いますが
音楽が頭に入ってくるときは勉強の内容が入ってこず
勉強に集中してる時は音楽が入ってこなかったはずです。
 
 
結局人間は何か1つのことにしか集中できません。

音楽を使って勉強効率を上げるには?

 
音楽があなたの集中力を下げることをご紹介しました。
 
では、音楽は勉強に全く役に立たないのか?
 
そんなことはありません。
音楽で勉強効率を上げる方法があります。
 
それは、
勉強の前や休憩中に音楽を聞くことです。
 
 
先程もご紹介したように
好きな音楽を聞くとモチベーションを上げる
ドーパミンなどが分泌します。
 
音楽を聞いて気分を高めて勉強に望むと
通常よりも勉強に身が入るというわけです。
 
これは、
ウェールズ大学が発明した
「ミュージック・ウォームアップ・テクニック」というものです。

 
 
勉強前に音楽を聞く注意点が2つあります。

1つ目は、音楽は勉強を始める10分前までに聞くことです。
 
理由としては簡単で、
音楽を聞いて高まったモチベーションのまま勉強しないと意味がないからです。
 
音楽聞いて別の作業してから勉強すると
勉強するころにはモチベーションは元に戻っているということです。
 
 
2つ目は、音楽を聞きながら別のことをしないことです。
 
音楽が勉強の邪魔になる理由でもご紹介しましたが、
人間は同時に2つのことをすることが苦手です。
 
勉強前に音楽を聞きながらスマホを触っていればどうなるか?
音楽でモチベーションが上がらず、
スマホで見てた情報に気をとられてしまいます。
 
勉強ではモチベーションが特に上がらず
SNSの内容が気になったりゲームが気になったり
逆に勉強の効率を下げることに繋がります。
 
 
もう一度おさらいすると
音楽で勉強の効率を上げるには
勉強する前や休憩中に聞く

ただし、
音楽は勉強をする10分前には聞く
音楽を聞くときは別のことをしない。

 
 
音楽に関しては
実際にあなたが実践してみないと効果は実感できないと思うので
 
音楽を聞きながら勉強
勉強をする前に音楽を聞く

それぞれでどれぐらい勉強の進捗が変わったか是非記録してみてください。

最後に

 
今回は勉強中の音楽をについてご紹介しました。
 
情報元として使用した
「超効率勉強法」では、
学校や親から教えてもらって嘘の勉強法と
本当に役に立つ勉強法を知ることができます。


あなたが、本気で何かを勉強しようとしているなら
是非読んでほしい1冊です。
 
 
あなたの勉強効率が上がることをねがっています。

 

引用元情報

書籍名:最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

著者:メンタリストDaiGo

発行人:鈴木昌子

編集人:滝口勝弘

編集長:倉上実

発行所:株式会社 学研プラス

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました