スポンサーリンク

対面で話すよりもラインなどの【テキスト】のやり取りの方が信頼感が強まる秘密

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「対面で話すよりもラインなどの【テキスト】のやり取りの方が信頼感が強まる秘密」です。

「直接話した方が相手の信頼をつかめる」
「テキストのメッセージだと相手に気持ちが伝わるか不安」

そんなテキストメッセージの真の力を知らないあなたに向けて書いた記事です。

 

現代ではマッチングアプリやSNSでのコミュニケーションの方が
現実でのコミュニケーションより多いですしね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テキストメッセージの魅力

 

あなたはラインやTwitterなどのテキストメッセージと
直接話すのとどちらが好きですか?

 

多くの人は直接話す方が好きと答えると思います。

※私は人と関わりたくないのでテキストの方が好きですが。

 

しかし、あなたと相手の信頼関係を築くのに最も有効的な方法として
テキストメッセージが挙げられています。

オランダのアムステルダム大学がマッチングサービスを題材にした研究で

・直接会って話したグループ
・電話やスカイプなどの音声での会話を交わしたグループ
・メールやメッセンジャーアプリを使い、テキストだけでやり取りしたグループ

の三種類のうち最も強い信頼関係を結べるのはどのグループかを調査しました。

 

結果は、メールやラインなどのメッセンジャーアプリを使って
テキストベースでやり取りしたグループが最も強い信頼関係を結んでいることがわかりました。

 

営業マン経験や年配の方の話を聞く機会が多い人ならわかると思いますが
「対面でないと相手の信頼を築くことはできない」
と言われているのはもう古い考えになってきましたね。

 

 

ちなみに、なぜテキストベースが一番効果が高いのかと言えば

・冷静になってメッセージのやり取りができ、言った言わないが無くなる

・テキストでは余計な情報をあhぶくので、伝え方が丁寧になる

・対面で合った時の会話の糸口になる

・テキストを書くことで自分の考えが整理できる

 

直接や電話などで会話となると
相手の話を聞きながらあなたは
「次に何を話そうか」
と常に考えた
瞬間、瞬間に別のことに意識を取られて相手の会話に集中できずに
「聞いてなかったな~」
なんてことが起きることがあります。

誰かと対面に座って話してるとき
相手の後ろに誰かが通ると
あなたの意識は一瞬会話ではなく後ろを歩く人に注意が向きますよね。

 

 なので、テキストベースで連絡を取った方が
信頼関係を築きやすいとのことでした。

ちなみに、マッチングアプリで出たった人の離婚率が低いのも
テキストベースでのやり取りから始まるので信頼関係を築きやすいということにつながっています。

  

 

しかし、いきなりテキストベースでのやり取りが良いと言われても
どんな話をすればいいのかわからない人がいると思います。

そんなあなたには、メンタリストDaigoさんの「コミュ障でも5分で増やせる超人脈術」
で紹介されている【誰とでも親密になれる36の質問】をメッセージのネタにすることを
おすすめします。

あなたが誰かと信頼関係を築きたいならメンタリストDaigoさんの「コミュ障でも5分で増やせる超人脈術」はおすすめの本です。

↓にAmazonのリンクを貼っておくので気になる方はどうぞ。

最後に

 

今回は、テキストベースで魅力をご紹介しました。

 

私の過去の記事では、全く知られていない
一般常識とは逆の世界の心理(心理テクニック)を過去の記事で紹介しているので
良ければ漁ってみてください。

面白い発見があるかもしれませんよ。

↓のリンクからどうぞ。

 一般常識から逸脱した世界の心理

あなたが上手に信頼関係を築けることを願っています。

 

引用元情報
著者:メンタリストDaigo
タイトル:コミュ障でも5分で増やせる人脈術
発売年:2019年
発行所:株式会社マキノ出版
発行者:室橋一彦

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました