スポンサーリンク

尊敬できる上司でも信用してはいけない理由「ジェフリー・フェファーさんの悪いヤツほど出世する」より

スポンサーリンク
ジェフリー・フェファー
スポンサーリンク

こんばんは!

今回は「尊敬できる上司でも信用してはいけない理由」です。

「いつも良くして貰っているから信頼できる」
「いつも助けて貰ってるから信用できる」
など上司や人を信じやすい人に向けて書いた記事です。

情報元は、
ジェフリー・フェファーの「悪いヤツほど出世する」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

尊敬の対象でも信頼できない理由

 
あなたは会社で信頼できる上司はいますか?

ほとんどの人は1人ぐらい信頼できる上司がいると答えます。
 
さて、
その信頼している上司は本当に信頼できるのでしょうか?
 
結論から言うと
他人は自己利益を追求する生き物なので
あまり信じすぎないようにしてください。


単純に会社の上司が信頼できるような行動ををとる理由…..思い付きますか?
 
「本当に部下のことを思ってくれている」
なんてこともありますが
実は
「管理職として都合がいいからという解釈もできませんか?」

営業職などでよくあるのですが、
色々気遣いをしてくれる上司がいます。
よくよく話を聞くと新入社員や社員のうち年に数人づつ退職しているようです。

なんとなく察するかもしれませんが、
気遣いのお陰で離職率を減らしているだけかもしれません。

 
社会心理学者のデール・ミラーは【自己利益の原則】を分析していて

他人は自己利益を追求していると誰もが考え、
それによって自分の行動を決めるため、
結果的に自己利益の原則が成り立つと述べています


そもそも自分になんの利益もないような行動はしないよねってことです。
 
例えば、
道端に倒れている人が居たとしてあなたは助けますか?
という質問に対してほとんどの人は
「助ける」と答えます。

これも自己利益のために動いています。

なぜなら倒れている人を助けず見殺しにすればあなたは後に後悔するかもしれない
他にも、周りの人いい人だと思われたい
見て見ぬ振りをすると人の心がないと思われる

などなど結局は自分の心の中の損得感情で動いています。

 
あなたも知らない人から急に1億円渡されたら何か裏があるのでは?と疑いますよね?

 
あなたの尊敬している上司も同じです。
今は信頼できるかもしれませんが、
立場や状況が変われば今のままでは居られないかもしれません。

一番重要なのは
相手は自分の利益を追求すると思い
あなたの自分の利益は自分で守ってください。


自分の利益さえ守れていれば
多少の裏切りにあっても悲しい思いはしなくてすみます。

最後に

 
今回は尊敬する上司でも信頼できない理由をご紹介しました。

有名なスティーブ・ジョブズですら一緒に働きたくないほどの性格だったようですね(笑)

情報元として使用した
ジェフリー・フェファーの「悪いヤツほど出世する」では

現代で流行っているリーダーセミナーのようなものが成功していない理由から
リーダーにとって本当に必要な【資質】を教えてくれる1冊です。


リーダーの現実の姿を見たい方は↓のリンクからどうぞ。

あなたが最低限自己利益を確保できることを願っています。

情報元
著者:ジェフリー・フェファー
タイトル:悪いヤツほど出世する
発売年:2018年
訳者:村井章子
発行者:金子豊
発行所:日本経済新聞出版社


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました