スポンサーリンク

広告に使われている「無意識」にあなたが興味を持ってしまう宣伝文句や商品の配置

スポンサーリンク
A.プラトカニス
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「広告に使われている「無意識」にあなたが興味を持ってしまう宣伝文句や商品の配置」です。

「買い物に行くとついつい予定に無かったものまでかってしまう」
「広告の宣伝文句になぜか引っかかる」

そんなしらない間に広告主にお金を提供しているあなたに向けて書いた記事です。

まぁ本当に価値があってお金を提供しているならいいですが、
人間は自分の行動を正当化したい生き物なので
騙されていたと分かっても納得しようとするのでご注意ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

広告でよく使われている5つの宣伝方法

 

あなたは効果が高い広告の宣伝方法についてどれぐらい思いつきますか?

 

ネット広告など見ていると、
「本当にそんな広告で購入者がいるの?」
と疑いたくなるような広告が多いですよね。

YouTubeの○○で変わりました系とか

 

実際のプロパガンディスとが使っている宣伝方法は5つあります

1つ目は「新しい・素早い・やさしい・向上した・いま・突然・驚くべき・発表するを広告に含める」

2つ目は「スーパーなどの購入してほしい商品はお客さんの目線の高さに陳列する」

3つ目は「動物や赤ん坊・セックスアピールを用いる」

4つ目は「スーパーでは通路の端やレジの近くに置かれた商品が売れる」

5つ目は「バンドル・プライジングで商品の価値を高める」

 

以上の5つが広告に組み込むと商品が売れるようになる方法です。

 

次からは個別になぜ上記の5つの広告が効果が高いといわれているのかご紹介します。

新しい・素早い・やさしい・向上した・いま・突然・驚くべき・発表するを広告に含める

 

まず1つ目は「新しい・素早い・やさしい・向上した・いま・突然・驚くべき・発表するを広告に含める」です。

 

そもそも、広告は商品を買わせたり自分のサイトを見てもらうために広告を出します。

となれば、お客さんが既に知っていたり持っているモノでは誰も見向きはしてくれません。

 

なんせ人間はできるだけ労力を使いたくない生き物で
いつも通りで良いものはいつも通り(無意識に決定)にしているからです。

例えば、
通勤電車を毎日変えたり
食材を買いに行くスーパーを毎回変えたり
いつも使っている洗剤をわざわざ変えたりは
何かしらの理由がない限りほとんどの人間が同じを好みます。

 

そこで、
「新しい・素早い・やさしい・向上した・いま・突然・驚くべき・発表する」
のような言葉がお客さんに響きます。

 

上記の言葉は今よりもより良くなること
つまりお客さんに利益がある新情報を提供しますよと語りかけているのです。

 

例えば、
いつも通勤している電車よりも
早いバスが運行される言われたらどんなものなのか気になりますよね?

自分の好きなブランドから
「発表します!!」なんて広告が出ていたら
新商品が何か出るのか期待しますよね。

 

新しい・素早い・やさしい・向上した・いま・突然・驚くべき・発表するを広告に含めることにより
あなたが今までしらなかった利益と新情報を提供してくれるのです。 

 

しかし、注意点があります。
上記の言葉を使用しているからと言って
必ず今使っているモノより性能が高いわけではありません。

 

なんなら育毛剤の宣伝で
「科学的な根拠もある新育毛剤」
なんて書かれてある広告のもとになっている論文を見れば
育毛に全く関係ない頭皮の研究を添付しているだけでした。

まぁ普通の人はそこまで見ないからわからないだろうという広告主の魂胆がみえますね。

 

そんな噓が盛り込まれているの広告にはあんた自身で調べて対処しないと
騙されるのでご注意を

スーパーなどの購入してほしい商品はお客さんの目線の高さに陳列する

 

2つ目にご紹介するのは「スーパーなどの購入してほしい商品はお客さんの目線の高さに陳列する」です。

 

まぁこれに関してはあなたも経験があると思いますが、
足元に置かれた商品をどれだけ気にするかを考えればわかりますよね。

 

よほどほしい商品が無い限りは、目に留まりやすい商品を購入しますよね。

 

買い物に行き
目線の高さに広告の品と書かれた商品があれば
「今日はこれが安いんだと」と思う。
その他の選択肢を考える余地もなく。

 

広告の品と書かれていれば目線の高さと合わせて
それが一番安いと思い込んでしまいますが、
実は、広告の品と書いてあっても通常時と値段が変わらなかったり
広告の品よりも安い類似商品なんていくらでもあります。

 

目線の高さにあるもの以外にもたまには注目してみると
意外な掘り出し物が見つかるかもしれませんね。

後、広告の品という言葉に惑わされて高い買い物をしないように注意してください。

 

動物や赤ん坊・セックスアピールを用いる

 

3つ目に紹介するのは「動物や赤ん坊・セックスアピールを用いる」です。

 

動物や赤ん坊・セックスアピールを用いるに関しては
漫画やアニメのキャラクター・歴史上の偉人と比べていう注意書きがあります。

 

まぁ現代は鬼滅の刃とコラボした商品が売れたりしているので
一概に動物や赤ん坊・セックスアピールが
漫画やアニメのキャラクターよりも商品が売れやすくなるというわけでもなさそうですが。

 

まぁ動物や赤ん坊が人の注意を引くというのもわかります。

なぜなら人間は自分よりも弱い存在に対して集中力を発揮するからです。

 

集中力を高める研究で、
動物や赤ん坊の写真を見せられたグループは
写真を見なかったグループよりも
集中力が高くなるという結果が出ました。

 

理由としては、動物や赤ん坊などは
集中して接っさないと傷つけたり最悪の場合殺してしまう危険性があります。
なので人間は動物や赤ん坊に対して強く集中力を発揮します。

 

この辺の内容が広告で目を引くことにつながっているんですね。

 

残りのセックスアピールに関しても
人間の三大欲求に直接アピールしている点で広告の宣伝効果を上げています。

 

車の広告に、綺麗な女性が一緒に写っていることを考えると
セックスアピールがどれだけ広告の効果として期待されているかがわかりますね。

 

スーパーでは通路の端やレジの近くに置かれた商品が売れる

 

4つ目に紹介するのは「スーパーでは通路の端やレジの近くに置かれた商品が売れる」です。

コンビニなどでも使われている戦術ですね。

 

なぜレジの近くなどで買ってしまうかと言えば
すべて買い終えてレジに並んでいる時に一番目に入り
欲しくなったときにレジに並んでいるからその場から離れられず
ついつい誘惑に負けてついでだからと買い物かごに入れてしまいます。

 

まぁ人間は自分で意思決定しているように見えて
実は無意識に他人から影響されていますからしょうがないですね。

あなたがあなた自身で選んだ晩御飯だとしても
どこかで誰かが食べているのをみておいしそうと思ったことが
記憶に残りそれがあなたの晩御飯に反映されたというのも少なくはないはずです。

 

私も実際に、買い物に行くと
ラジオで好きな人が○○食べたんですよ~
みたいな話を聞くと気づいたら買い物かごに
好きな人が話していたお菓子や食材が入っていますし。

 

バンドル・プライジングで商品の価値を高める

 

最後に紹介するのは「バンドル・プライジングで商品の価値を高める」です。

 

バンドル・プライジングとは
1個500円の商品を売るよりも
2個1,000円の商品の方が高い価値があるように見える戦略です。

 

1個で買ってもまとめて買っても値段が変わらないのになぜ?
と思うかもしれませんが

商品自体の価値は本当に変わりません。
しかし、我々購入者側が勝手に高い価値があると錯覚します。

 

最近は2個まとめて買うとお得になりますよ!
なんて宣伝が流行っているので
人間が無意識のうちにまとめて買った方がお得という思考になるんでしょうね。

 

先ほどもご紹介したように
人間は無意識のうちにほとんどの意思決定をしています。

2個の方がお得と経験したことがある人は
1個ずつかうよりも2個まとめての方がお得と勝手に判断してしまうのですね。

 

最後に

 

今回は広告でよく使われている宣伝文句を5つご紹介しました。

 

他にも政治家や広告主が自分に有利な状況を作り出すために
様々な方法で我々を説得しようとしてきます。

 

もちろん、説得に対して本心から納得できるならいいのですが
人間は他人が言ってることや大勢の人が賛同している意見を
勝手に正しいものととらえてしまします。

 

もしあなたが誰かに操られるのが嫌だと思うなら
記事を書くにあたり引用させていただいた
A.プラトニカスとE.アロンソンが書いた「プロパガンダ」をおすすめします。

いわゆる大衆先導をを取り上げた本で
広告や政治宣伝のからくりを見抜く方法が載っているので
ぜひお試しください。

 

過去記事書いてあるので興味があれば↓のリンクからどうぞ。

人間は損を嫌う生き物だ!!

交渉を成功させたいなら一度断られるべき

 

あなたが不必要に騙されないことを願っています。

 

引用元情報
著者:A.プラトカニス/E.アロンソン
タイトル:プロパガンダ 広告。政治宣伝のからくりを見抜く
発売年:1998年
訳者:社会行動研究会
発行者柴田敏樹
発行所:株式会社誠信書房

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました