スポンサーリンク

徹夜で勉強をするぐらいなら寝たほうがテストの成績が上がる!

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「徹夜で勉強をするぐらいなら寝たほうがテストの成績が上がる!」です。

「勉強はいつも一夜漬けでなんとかしている」
「勉強をしてもしても頭に残らない」
など勉強に苦戦しているあなたに向けて書いた記事です。

 

ちなみに私はも学生の頃は徹夜で勉強して、テストを受けてました。
まぁ徹夜したテストの結果がどうだったのかはお察しですが……….

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
メンタリストDaigoさんの「最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法」です。

マーカーを使う・一夜漬けするなど今まで教えらえれてきた勉強法が無駄だったと知ることができる
勉強する前に読むべき本です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

徹夜よりも寝た方がいい理由

 

勉強をしたことがある人なら誰でも思うかもしれませんが、
「寝るよりも勉強して1つでも多くのことを頭に詰め込んだ方がいい」
って感じたことありませんか?

睡眠時間を削って勉強することは、とてつもなく効率が悪いです。

 

なぜ勉強と睡眠が関連しているのか?
それは、寝ることによって情報が定着するからです。

 

徹夜をした経験がある人なら知ってると思いますが、
テスト中に昨日勉強中に見たのにどうしても思い出せなかった経験ってありませんか?

これは、寝る時間を削ったせいで勉強した内容が記憶に定着してないから起きるんです。

 

そもそも、睡眠時間が少なくなれば脳が正常に働かなくなることはご存じかもしれませんが
加えて記憶が定着しないとなればいくら徹夜で勉強しても無駄だと分かりますよね?

しんどい思いして徹夜で勉強しても
テスト中に1つも思い出すことができない。
そして、脳が正常に働かなくなっているので
「正しいと思うものを選べ」の問題に対して
「間違っていると思うものを選べ」と勘違いして問題を解いてしまったら
目も開けていられない状態になりますよね?

これが、入試や資格試験なら尚更
マークシートが一段ずれているのにも気づかないなんて大失敗に終わる可能性もあります。

 

あなたは睡眠がどれだけ大切かを知っているはずです。
なぜなら、学校や仕事に行くよりも寝ていたいと思いますよね?

なのに、テスト前になぜ大切な睡眠時間を削ってしまうのか?
それはあなたが焦って本当に大切なことを見落としているからですよ。

より効果的に勉強と睡眠を使う方法

 

徹夜で勉強するぐらいなら寝た方がいいと紹介しましたが、
まぁ何も勉強してない状態で寝てもテストの結果は目に見えてますよね

あなたが、日頃勉強していれば別の話ですが。

 

そこで、寝る前にどれだけ勉強すればいいのか?をご紹介します。

 

勉強してから寝る際は
勉強する範囲の途中で勉強を止めて寝て下さい。

これは勉強の途中で睡眠をはさむ
「インターリービング・スリープ」という方法です。

 

人間は中途半端に物事が終わっていると続きが気になりあれこれ考えます。

週刊少年ジャンプや漫画など良いところで話が終わり次が出るまで
続きがどうなるのか?空想にふける経験をしたことがあると思います。

好きな人とデートしている時でも、満足して帰るよりも
もうちょっと一緒にいたいぐらいの時間で帰った方が恋人関係が長続きしたりします。

 

勉強ではどのように使えるのか?

勉強する

中途半端なところで止める

寝る

起きて前回終わったところから再開する

上のステップを使うことで、
勉強が中途半端に終わり、問題の解き方などどうだったか?などが疑問に残ります。
そして、無意識のうちに疑問を考え続けます。

そして、寝ている間も疑問を考え勉強した内容が定着する。

そして、起きたら昨日は疑問が残っていた部分なのに理解がするのが早くなっていることを感じます。

 

これに関しては、文字で読むよりも実際に体験してもらった方が早いと思います。

  

 

重要なのは、
勉強を中途半端に終わらせて寝ること。
起きたら中途半端に終わったところから再開することです。

 

 

間違っても、区切りのいいところまで勉強してから寝ようなんて思わないでください。

人間は区切りがいいと「終わった」と感じて忘れてしまいます。

レストランでウェイター経験がある人なら分かると思いますが、
注文を聞いて料理を出すまでは
どの客が何を頼んだのかを完璧でなくても覚えていますよね?

しかし、料理を出し終わった後に
「あの客は何の料理を注文した?」と聞かれても記憶が曖昧になっていたと思います。

これと同じで勉強も区切りのいいところまでやってしまうと
「終わった」と勘違いして記憶から抜け落ちていきます。

 

勉強に関して中途半端に区切ることは悪いことではありませんよ。

最後に

 

今回は、勉強と睡眠の大切さとインターリービング・スリープの考え方をご紹介しました。

 

メンタリストDaigoさんの「最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法」では、
今まで誰も教えてくれなかった勉強方法を教えてくれます。

勉強は長時間やるのが正しいという常識をぶち壊してくれます。

「長時間勉強するなんて嫌だ!」「短時間で効率良く勉強して遊びたい」
と考えている人にとって
メンタリストDaigoさんの「最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法」は
おすすめの本です。

 

勉強は素早く終わらせて勉強と遊びもしくは勉強と仕事を両立させませんか?

あなたの自由な時間が増えることを願っています。

引用元情報
書籍名:最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法
著者:メンタリストDaiGo
発売年:2019年
発行人:鈴木昌子
編集人:滝口勝弘
編集長:倉上実
発行所:株式会社 学研プラス
構成:鈴木祐
カバーデザイン:井上新八
本文デザイン・DTP:斎藤充(クロロス)
撮影:千川修
スタイリング:松野宗和
ヘアメイク:永瀬多壱
イラスト:村山宇希(ぽるか)
編集協力:清野直

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました