スポンサーリンク

意外と知られていない!あなたのとある行動は【天気】よって左右されている

スポンサーリンク
Tap Tap
スポンサーリンク

こんにちは!
今回は、あなたのとある行動が【天気】によって左右される秘密を紹介します。

ちなみに、とある行動とは買い物です!

まぁまぁ待ってくださいよ
買い物と聞いて
「当たり前じゃないか、雨の日に外に出る人が減るのは」
と思うかもしれませんが、そんな話ではないので安心してください!

 

「家にいるだけなのに消費が激しいな」
「節約したいのについつい買ってしまう」
今回はそんなあなたに向けて書いた記事です。

私みたいに家から出ない引きこもりにはうれしい情報でした(笑)

ちなみに、売りたい物がある方は
販売するタイミングや広告のタイミングを知るのに適切かもしれませんね。

 

買い物は【天気】によって左右されるを書くにあたって使用した本は
アニンディヤ・ゴーシュの「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」から引用させていただきました。

「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」では
【天気】【距離】【時間】【混雑】などなど人間は心理的にどんな行動をするのか教えてくれます。

内容的には企業や販売をする人向けに書いている本ですが、
読み方を変えれば企業が商品を買わせようという考えに対抗するために使えます。

「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」だけではなく
世の中にある本は書かれている通りに読むだけではもったいないです。
書いてある内容を違う読み方をすると見えてくる景色も変わります。

あなたが持ってる本でもいいので1度いろいろな視点で本を読んでみて下さい。
きっと新しい発見があるはずですよ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【天気】によってあなたの買い物が左右される理由

 

今回【天気】で買い物が左右されるのは当然と思いますが、
【天気】が関係ないと思われる、通販での買い物にも影響が出てきます。

 

通販での買い物が【天気】によってどれぐらい左右されるのか?

【天気】のうち曇天(くもり)を基準にした時
晴れの購入率→31%上昇
雨の購入率→9%減少

 

この結果は通販の買い物の結果です。

雨の日は外に出たくないから通販で買い物をしようという考えが
真っ先に思いつくと思われますが、
結果は晴れの日の方がより購入率が高かったですね。

 

晴れの日も通販の方が購入率が高い何でまるで、
世界中の人間がデレマスの双葉杏になったような感じがしますね。

 

晴れの日についつい買ってしまう理由

 

雨の日より晴れの日の方が購入率が高いのはわかりました。

では、なぜ晴れの日に購入率が高くなるのか?

 

研究者達は晴れの日に購入率が高くなる理由を
太陽光が短期間の幸福に不可欠な栄養素を提供するから。
人間は日光に前向きな反応を示しリラックスを許容するから。

 

よく考えれば、
「雨の日はうっとうしいから嫌い」
「雨の日は頭が痛くなる」

に対して
「晴れの日はお出かけ日和」
「晴れの日は気持ちがいい」

もちろん雨の日が好きな人もいますが
おおむね人間は晴れの日に良いイメージを持ってますね。

 

「晴れの日に通販が多くなると言うが、晴れの日は買い物に出かけるじゃないの」
と考えているそこのあなた!
大丈夫です。研究者はそこも調べています。

晴れの日には買い物に出かけて購入するという代替行動は見られなかった。
むしろ通販が多くなったと主張しています。

 

具体的な研究結果

 

雨の日より晴れの日の方が購入率が高くなるという結果しかご紹介してなかったので
その他の研究結果も紹介します。

研究結果は全てで4つあります!

  1. 曇天を基準とした場合、晴天時は購入率が31%上昇し、
    雨天時は9%減少した。

  2. モバイル広告を受信してから購入までの時間は、
    晴天時は41.93%早かった。
    雨天時は49.87%遅かった。

  3. 予防的なフレーミングの広告は、そうでない広告に比べて、
    晴天時は効果が低いが、雨天時は効果が高い。

    ※予防的なフレーミングの広告とは
     「損をしたくない」とういう気持ちにむけた広告です。
  4. 天気の評価基準を変えても結果は変わらず、
    調査は平日・週末の条件と危険を伴う状況も考慮に入れておこなわれた

     

 

研究結果をどう利用するか(販売者視点)

 

研究結果を知るだけでも有意義ですが、
知った情報を利用してこそ意味があるというものです!

ただも豆知識でとどまらせるのはもったいないのでここからは
どう利用するべきなのかを考えていきましょう。

 

まず、売りたい商品を持っている企業や・個人さんは
晴れの日にプロモーションをした方が良い
では、雨の日に売るには?

雨に日は晴れの日に比べて人がネガティブなものに影響を受けやすい。


雨=ネガティブな影響を受けやすい
これを念頭に置きネガティブな状況を助けるためのプロモーションをしましょう。

例えば、単純に値引きをする場合
「20%OFFです!」よりも
「今日だけ限定!なんと20%OFF」
のようにお客様に【損をする】感覚を与えましょう。

 

研究結果をどう利用するか(購入者視点)

 

「節約をしたいけどついつい買ってしまう」
「前月のキャッシュカードの請求額が想像以上に高かった」
そんなあたなに向けて節約・消費を減少させる方法を考えていきましょう。

 

【晴れの日の対策】
さて、晴れの日はリラックス効果があり幸福にも効果がある。

ならば、晴れの日は通販ページを見ないようにしよう!
というのは現実的に不可能ですよね。

なので、前回「シュガーマンのマーケティング30の法則」より紹介した
【ついで買いをしてしまう理由】→ https://hiroki-library.com/?p=419
方法を参考にしましょう。

通販で物を買うときは【買いたい物をメモに書く】
そしてそれを見ながら通販を行う。
これで、ある程度通販で余計なものまで買うリスクを減らせることができるでしょう。
ちなみに、詳しい説明は前回の記事を読んで下さい。

 

最後に

 

今回は、【天気】が買い物に影響を与える理由として
晴れの日は購入率が上がり・雨の日は購入率が減るでした。

 

「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」では
消費者の行動パターンを実際に研究し結果と考察を紹介しています。

冒頭でも紹介したように、「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」は
企業などモノを売る人向けに書かれています。

ですが、企業の販売戦略を知れば無駄遣いを防げる。
企業が送信するクーポン券に騙されそんなにお得でもないモノに対して
いつも以上にお得に感じてしまう。

お得感に騙される前に企業の戦略を知り
本当にお得なものを見抜く力を養うためにも
「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」は使えます。

 

まぁ「Tap スマホで買ってしまう9つの理由」はなかなか専門用語が多く
読むのに時間がかかるので、購入するときは1度試し読みをすることをお勧めします。

 


Tapスマホで買ってしまう9つの理由 [ アニンディヤ・ゴーシュ ]

引用元情報
著者:アニディヤ・ゴーシュ
書籍名:スマホで買ってしまう9つの理由 Tap
発売年:2018年
訳者:加藤万里子
発行者:村上広樹
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング
装幀:西垂水敦(krran)
写真:ゲッティ イメージズ
編集:川上純子(株式会社LETRAS)
制作:アーティザンカンパニー株式会社

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました