スポンサーリンク

新しいことへ挑戦するのが苦手なあなたへ「成長ゴール」という考え方をしてみませんか?

スポンサーリンク
やり抜く人の9つの習慣
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「新しいことへ挑戦するのが苦手なあなたへ「成長ゴール」という考え方をしてみませんか?」です。

 

「新しいことに挑戦するのが苦手」
「失敗を恐れて前に進むことができない」

そんな一歩を踏み出せないあなたに向けて書いた記事です。 

 

情報元は
ハイディ・グラント・ハルバーソンの
「やり抜く人の9つの習慣」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

失敗を恐れる原因

 

あなたは新しいことに不安無く挑戦することができますか?

 

ほとんどの人が
「新しいことは不安」
と答えます。

それもそのはずで、
今の自分から外れて違うことをする
周囲と違うことをするというのは
不安が付きまとうものですから。

そして、我々日本人は特に
「不安を恐れる傾向」にあります。

 

何事も他人から評価されると思われ
失敗は恐ろしいものだと考えてしまいます。

あなたが外出するときに着ている服ですら
他人の評価を気にしてますから。

 

失敗からくる恐怖を乗り越えるには?

 

あなたが、失敗することを不安に思っているなら

失敗してもいいと開きなおってみてください。

「失敗したくないから不安なのに失敗してもいいっておかしくないですか?」

と思うかもしれませんが、
失敗を恐れるという洗脳にあなたは陥っています。

これを証明ゴールという考え方で
困難で難しい課題に取り組むときほど
失敗を恐れます

 

では、失敗を恐れない考え方とはなんなのか?

それは、成長ゴールという考え方で
失敗しても1つ学ぶことができたと思うように
困難を学びとしてとらえる考え方です。

 

あなたが、転職して失敗をしたとして
証明ゴールだったら・成長ゴールだったら
どう考えるか想像できますか?

 

転職に失敗した場合
証明ゴールの考え方なら
もう失敗できないし次も失敗するかもしれないからこの職場にとどまるしかない。

 

成長ゴールの考え方なら
転職に失敗した理由を考え
今回は転職先の内部事情にまでリサーチしてなかったから次の転職では徹底しよう
と失敗を学びに変えることができます。

 

まぁ考え方を成長ゴールに変えるのは
一朝一夕では難しいかもしれませんが、

1つだけ、
なにか始めるときに不安を理由にやめる場合は
失敗してもいいから始めてみてください。

そして、失敗してしまったらそこから失敗した理由を学びにしてみてください。

世界一有名な投資家ウォーレン・バフェットの
相方であるチャーリー・マンガーですら

他人の失敗ノートをつけるぐらい失敗には価値があります。

 

成功に様々な要因がありますが、
失敗は割りと単純です。

あなたも1つ学びだと思ってなにか始めてみませんか?

 

最後に

 

今回は、新しいことを始められない人へ向けての考え方をご紹介しました。

 

あなたが成長ゴールを持ち新しいことを始めようと考えているなら
ハイディ・グラント・ハルバーソンの
「やり抜く人の9つの習慣」を合わせて読んでみてください。

なにかを始めても途中で挫折してしまっては
もったいないですからね。

↓にAmazonのリンクをはっておくのでよければどうぞ。

 

私の過去記事でも
目標達成に必要な法則を書いてるので
↓のリンクから合わせてどうぞ

 「目標達成のメソッド

あなたが不安に打ち勝てることを願っています。

引用元情報
著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン
タイトル:やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学
発売年:2017年
訳者:林田レジリ浩文
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました