スポンサーリンク

朝たった30分を上手く使えるようになるだけであなたの人生を変えることができる

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「朝たった30分を上手く使えるようになるだけであなたの人生を変えることができる」です。

「何か新しいことを初めて人生を変えたい」
「新しいことを始めたいけど仕事で疲れて何もできない」
そんな新しいことを始めたいあなたのために書いた記事です。

 

私も昔は、仕事へ行く30分前まで寝ていて10分で支度して出かける生活をしていましたが
今では、出勤の2時間前に起きて朝の時間を有効活用しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝は1日の中で唯一のゴールデンタイム

 

あなたはテレビ番組のゴールデンタイムと言えば何時か知っていますか?

 

そうですね、だいたい8時~9時ですね。

 

では、あなたの最も集中力が高くなるゴールデンタイムは何時か知っていますか?

 

それは、朝起きてからの2時間です。
さらに起きてからの2時間の中でも
朝食を取った後の30分がゴールデンタイムです。

 

さて、あなたは朝のゴールデンタイムに何をしていますか?

ちょうど通勤の途中ですか?
それともすでに仕事場についていますか?

 

あなたが、新しく何かを始めたいと思っているなら
朝のゴールデンタイムに通勤中やすでに職場についているのはもったいないです。

 

 

あなたの集中力が一番高くなるのが
朝の朝食後の30分です。

もし、ゴールデンタイム中に通勤電車の中だとすれば?

結果は見えてますよね。
集中力のゴールデンタイムなはずなのに
通勤電車でストレスを抱えているあなたの姿が。

 

あなたが新しいことを始めずこのまま一生
通勤電車に揺られて70歳の定年退職を迎えるまで
会社勤めを続けたいと考えるならそれでいいですが、

あなたが、会社勤めを辞めて自分で独立したい。
起業しなくても自分で収入源を確保したいと考えているなら
朝食後の30分をあなたのために確保してください。

 

朝食後の30分は集中力が最も上昇するので
新しい起業のアイデアを考える
現在やっていることの方法性を考え直す
読書をして新しい知識をつける

あなたのためになることならなんでもかまいません。

朝のゴールデンタイムを活用してみませんか?

 

朝の30分をゴールデンタイムに変えるには

 

朝の30分をゴールデンタイムに変えるには
そもそも前日の睡眠時間が関係してきます。

 

人間は1日に7~8時間の睡眠時間を必要とします。

まれにショートスリーパーみたいに1日の睡眠時間が
3~4時間で足りる人もいますが遺伝的に決まる&ほとんど存在しないことがわかっています。

逆に1日10時間の睡眠時間を取らないと日中頭が働かない
ロングスリーパーの人もいます。

 

しかし、だいたいの人間の睡眠時間は7~8時間の
いわゆる「ヴァリアブルスリーパー」です。

もし、あなたの睡眠時間が長いもしくは短いと感じるなら
1週間ほど睡眠測定アプリであなたの正確な睡眠時間を測定してみてください。

 

 

 

睡眠時間の話をしたということは、
朝の30分をゴールデンタイムに変える方法にだいたい察しがついたかと思います。

あなたの考えている通り
朝の30分をゴールデンタイムに変えるには
前日の睡眠時間を7~8時間(人によって前後します)確保する必要があります

 

 

もし、あなたの出勤時間が8時だった場合
朝の30分をゴールデンタイムに必要な起床時刻は6時です。

6時に起床するということは、
7~8時間の睡眠を確保する点で考えると
22時~23時には眠る必要があります。

 

一般的に22時に寝る社会人は早寝のだと言われていますが
よく考えてみてください。

朝の一番貴重なゴールデンタイムを無視して
仕事で疲れ切ってほとんど頭が働かない夜の時間に何の意味があると思いますか?

さらに言えば、無駄にYouTubeやネットフリックスなど動画サイトを見て
あなたの何になりますか?

 

もちろん、あなたが何か新しいことを始めたいと考えている場合です。

特に人生を変えようと思わないただ漠然と生きている人は
夜YouTubeなどの動画サイトで時間を取られ睡眠時間を削り
朦朧とした意識で仕事をして帰ってきては動画をみて寝るを一生繰り替えせばいいと思います。

 

しかし、今記事を読んでいるあなたは違うはずです。

「何か自分を変えたい!」
「新しいことを初めて成功させたい!」
と考えているはずです。

そんなあなたが夜無駄に動画をみて睡眠時間を削り
翌日のゴールデンタイムを無駄にして何の意味がありますか?

 

動画を見て研究していると答えるのなら
朝ではなく夜研究する必要はありませんよね?

 

 

記事を読んでいただいてるのも何かの縁だと思います。

今日の夜からしっかり7~8時間の睡眠時間を確保して
翌日は出勤時間の2時間前に目覚めてみてください。

 

そして、朝食を食べた後30分だけでもいいので
あなたのために時間を使ってみてください。

きっと夜にアイデア出しや読書・勉強をするよりも
より効率的にあなたも目標に進めるはずですから。

 

 

ちなみに、私がやっている朝のルーティンは
6時起床
6時10分シャワー
6時40分瞑想
6時50分DNB(短期記憶能力を上げる)
8時まで読書or新しい知識を取り入れる
8時20分出勤

 

このような流れになっています。

もちろん、7~8時間睡眠をとっているので
6時に起きたとしても日中眠たくなることはほとんどありません。

 

もし、日中の眠気が気になる方は
過去の記事でカフェイン正しい取り方を紹介しているので
↓のリンクから読んでみてください。

本当に集中力が上がるカフェインの取り方

カフェインの効果を最大化させる5つの方法

 

最後に

 

今回は、朝の30分をゴールデンタイムに変える方法をご紹介してきました。

 

朝の30分が最も集中力が高くなることは大前提として
他の時間にも集中力を高めたい。

なんなら「1日中集中力を維持したい」

そんなあなたには
記事を書くにあたり引用させていただいた
メンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」がおすすめの本です。

 

今まで何となくで行っている集中力の上げ方ではなく
科学的に正しい集中力の上げ方や
集中力を維持するにはどうすればいいのか?

など集中力に関してはもう悩まなくて済むようになるぐらい
おすすめの本です。

 

もしあなたが集中力に悩んでいるのなら1読してみる価値はあるかもしれませんね。

 

あなたが自分の目標に全力を注げるように願っています。

 

引用元情報
著者:メンタリストDaigo
タイトル:自分を操る超集中力
発売年:2016年
発行者:斎藤龍男
発行所:株式会社かんき出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました