スポンサーリンク

朝食を抜くと太る!は真実なのか?嘘なのか?

スポンサーリンク
パレオダイエットの教科書
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「朝食を抜くと太る!は真実なのか?嘘なのか?」です。

「ダイエットしたい!朝食はどうしようか?」
「世間的に朝食を抜くとダメって言われてるけど実際はどうなの?」
といった朝食に対して疑問を持っているあなたに向けて書いた記事です。

ちにみに私は、プチ断食を行っているので朝食は食べてません。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
パレオな男こと鈴木祐さんの「一生リバウンドしない パレオダイエットの教科書」です。

ダイエットしたい!痩せたい!と思っているならおすすめの本です。
科学的に実証された方法が載ってますからその辺のダイエット方法とは一線を画きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝食を食べないと太る?

 

あなたはご存じですか?
朝食を食べないと太ると言われている理由を。

1988年~1990年の研究で
朝食を食べたグループと朝食を抜いたグループを比較して
体重の増減を測りました。
※その他の食事制限・運動義務はなし

結果、朝食を抜いたグループはカロリー摂取量が多くなり肥満になりやすい傾向がありました。

この研究だけでなく他の研究でも朝食を抜いたグループの方が体重の増加がみられた。
とうい結果から一般的には「朝食を抜くことは太る原因になる」と考えられています。

 

しかし、過去の研究は大事な部分が見落とされてました。
それは、朝食を抜く人は健康に気を使っていない人が多く
朝食を食べるグループは健康志向が強く摂取カロリーなども無意識のうちに気にしていました。

どういうことかというと、
体重が増えたり肥満傾向が強い人が朝食を抜いていたということです。

朝食を抜くから肥満傾向が強くなったではなく
肥満傾向が強いから朝食を抜いていたことになります。

少しややこしいですが、因果関係が逆だったんです。

 

この結果を踏まえて
2014年にアラバマ大学が行った研究では、
朝食を抜くグループと朝食を抜かないグループに分け
昼と夜は好きなだけ食べてもいいという内容で実験をしました。

結果は、
朝食を抜いたグループの体重は平均して1.18kg減り
朝食を食べたグループの体重は平均して0.26kg減りました。

 

どちらも体重が減っていますが、
朝食を抜いたグループの方が体重の減少量が多かった要因として

朝食を抜いた方が結果的に摂取カロリーが減り体重が減ったということです。

朝食は抜くべきか食べるべきか?

 

朝食を抜くことにより体重が減ることが分かりました。

結局朝食を抜いた方がいいのか?それとも抜かないでもいいのか?

という疑問が出てきます。

 

結果的に1日の摂取カロリーをコントロールすることができれば朝食を抜いても抜かなくてもいいのではないか?

みたいな考え方ができます。

 

結論としては、どっちでもいいです。

 

少し前にも書きましたが、ダイエットで成功する方法はカロリー摂取を考えて食べることです。

なので、朝食を抜いても抜かなくても太ることがないなら好きな方を選べばいいということです。

成功するダイエット法の共通点は一生続けれることにあるので、
朝食を食べないと午前中に倒れてしまう人は食べるといいですし
朝食を抜いても大丈夫という人はプチ断食を試してもいいかもしれません。

一応以前書いた記事のリンクを貼っておくので詳しく知りたい方はそちらをどうぞ
「数多くあるダイエット法の中で一番効果的なのはどれなのか?」⇒https://hiroki-library.com/?p=645

朝食を抜いた生活の感想

  

実際に朝食を抜いた感覚ってどうなの?
と思われる方のために個人的に感じた範囲でご紹介します。

 

まず、朝食を抜いても平気なのか?

仕事中にお腹が空いたり空腹で何も考えられなくなるのでは?
と思われますが意外と大丈夫です。

理由としては簡単で
そもそも空腹=すぐに食べないとダメ
という感覚がないからです。

太ってる人は空腹を感じるとすぐ何かを食べます。
これでは1日の摂取カロリー増える一方です。

しかし、空腹を感じることはネガティブなことではなく
昼ご飯・晩ご飯を食べるための準備をしているととらえるようになります。

他にも、空腹に集中してしまわないように
仕事でも趣味でも集中を他に持っていかれないようにコントロールできるので
個人的には空腹を感じて何も手につかなくなることはありません。

 

朝食を抜いて実際に痩せてるの?
って疑問が多いと思いますが、たぶん痩せています。

たぶんと答えたのは朝食を抜いたから痩せた
という1つの原因に対しての結果ではなく

食事内容を気にしたり、運動したりなどなど痩せている体系を維持するために色々なことを行っているので朝食を抜いているからと言って痩せていると断言はできませんが少しは役に立っていると思います。

ちなみに、晩御飯は平気でお米を4合食べたりしても体形や体重はほとんど変わってません。

 

朝食を抜くメリットは他にもありまして、
お腹の調子が良くなりました。

というのも、人間は1日中食べることに適していなくて
食べた後は消化する時間が必要です。

そのため朝食を抜いて前日の晩御飯がしっかり消化されてから
昼ご飯と食べるとお腹の調子が良くなっている感覚があります。

お通じも以前に比べて良くなっているので効果はでてると思います。

最後に

 

今回は、朝食は抜いても大丈夫なのか?に対してどっちでもいいという結論でした。

 

最後の個人的な考えの部分を参考は色々な本や「パレオダイエットの教科書」の考え方を取り入れています。

あくまで、個人的に感じたことなのですべての人に当てはまるとは思いませんが、
ダイエット成功者そして体形を維持できている人のアドバイスと考えれば多少は有意義なのでは?
と思います。

 

もし、もっと詳しくダイエット法について知りたい、痩せたい!って方は
パレオな男こと鈴木祐さんの「パレオダイエットの教科書」を読んで下さい。

一生モノのダイエット方法を手に入れるにはおすすめの本です。

あなたが継続できるかはヤル気にかかってますが。

 

記事や本を読んであなたの体形がシャープに保てることを願っています。

 引用元情報
著者:鈴木祐
書籍名:新装版 一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書
発売年:2019年
発行者:久保田榮一
発行所:株式会社扶桑社
DTP制作:株式会社スタジオダンク
イラスト:西アズナブル
編集:安英玉(扶桑社)

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました