スポンサーリンク

気になる異性に吊り橋効果を現実世界で使うための方法

スポンサーリンク
あなたを変える52の心理ルール
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「気になる異性に吊り橋効果を現実世界で使うための方法です。」

「吊り橋効果は知ってるけど使い方がわからない」
「気になる異性に好印象を持たれたい」
そんなあなたのために書いた記事です。

ちなみに私は今回書く方法を知る前に実践してましたが、
確かに効果が出てたと思います。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
メンタリストDaigoさんの「あなたを変える52の心理ルール」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも吊り橋効果って?

 

吊り橋効果は聞いたことはあるけど、
どんな研究内容で実際にどれぐらい効果があったのか知らないあなたのために先にご紹介します。

 

研究を行ったのは心理学者のドナルド・ダットンとアーサー・アロンです。

研究の目的は、人間が自分の感情を完全に把握してるかどうかを調べるために行いました。
※吊り橋が怖いと感じるドキドキと魅力的な女性を見た時のドキドキを混同するのか?

研究の概要は、
男子学生を集め
1つ目のグループは、カナダのバンクーバー郊外にあるキャノピラノ橋を渡ってもらい
向こう岸にいる魅力的な女性にアンケートを答えてもらいその後電話番号を渡し「質問があったら連絡して」と男子学生に伝えました。

 

2つ目のグループは、キャノピラノ橋を渡ったところに男性が立っておりアンケートと電話番号を女性と同じように渡されました。

 

3つ目のグループは、キャノピラノ橋ではなく頑丈な橋を渡ってもらい魅力的な女性にアンケートと電話番号を同じように渡されました。
※3つ目のグループは、単純に女性の魅力にどれぐらい惹かれるのかを調べるために行われた

キャノピラノ橋

 

 

結果、
男子学生が1番多く電話を掛けたのは
キャノピラノ橋を渡り女性が居た時のグループでした。

そして、男性が待っていたグループと頑丈な橋を渡ったグループは電話をする男子学生はほとんどいませんでした。

 

 

単純に女性の魅力に惹かれているなら、
頑丈な橋を渡っても同じように電話をかける男子学生が居てもおかしくないのに電話を掛けた学生はほとんどいませんでした。

そして、男性同士でBLに発展する男子学生もいませんでした。
少し残念ですね(笑)

  

 

研究結果から、
人間は自分の感じている感情を正しく把握できないことになります。

吊り橋を渡った時の恐怖感からくるドキドキと
女性を見た時に感じる恋心のドキドキを勘違いしていますから。

現実世界で吊り橋効果を使うには?

 

さてここからが本題です。

気になる異性にどうやって吊り橋効果を感じてもらうのか?

まさか実際にキャノピラノ橋のような橋を渡ってもらうわけにもいきませんし。
そもそも旅行に行くほど仲がいいならわざわざ吊り橋効果を使うまでもありません。

 

メンタリストDaigoさんの「あなたを変える52の心理ルール」で実際に紹介されている方法は

 

 

気になる異性と一緒にスポーツをすることです。

 

ここでのスポーツはボーリングや卓球など
初心者はあまり疲れないスポーツではなくて、
サッカーやアスレチックなど実際に息が切れるほどのスポーツを選ぶことが重要です。

 

なんせ気になる異性にドキドキしてもらわないといけないですし。

私のおすすめは、ラウンドワンのスポッチャに行くことです。

あそこなら様々な種類のスポーツができますし、大人数で行くことも不自然ではありません。

気になる異性と2人きりで会うのはハードルが高いという人はまず、
仲間内でにんずうを揃えて遊びに行くところから始めて見てはどうでしょうか?

 

バイト仲間なら今度の土曜日に行きませんか?
仕事仲間なら日々のストレス発散しに行きましょう!!
友達の友達ならあなたの友達が行きたい体で誘ってもらう

 

などなど方法はいくらでもあります。

臆病になって行動しないのはあなたの自由ですが、

ただ休日に一緒に遊びに行くだけです。
別のその場で告白までしないといけないわけではありませんから
その後職場やバイト先で人間関係が悪くなることもありません。

一回行動してみてはどうですか?

 

気になる人の私服姿が見れるいい機会ですよ(笑)

最後に

 

今回は、吊り橋効果と現実世界で吊り橋効果を使う方法をご紹介しました。

 

吊り橋効果のように、
知識としては知っているのに使ってない知識が意外と多く存在します。

例えば、
赤い服を着ている方が恋愛には有利とか
写真のフレームを赤にすると魅力的に見えるなどなど

知識を知っているのに使わないのは、
知識を知らないよりも大罪ですよ!

 

食べ物を買ったのに賞味期限まで食べずにすれるよなものです。

 

メンタリストDaigoさんの「あなたを変える52の心理ルール」では、
日常生活のあらゆる場面で使うことのできる心理学をさずけてくれます。

 

一度読めば病みつきになること間違いなしです。

あなたの生活を変えようと思っているなら
メンタリストDaigoさんの「あなたを変える52心理ルール」はおすすめの本です。

 

あなたが心理学でより快適な生活を送れるようななることを願っています。

引用元情報
著者:メンタリストDaigo
タイトル:あなたを変える52の心理ルール
発売年:2016年
発行者:川金正法
発行:株式会社KADOKAWA

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました