スポンサーリンク

無料のモノほど怖いものは無いと言われている理由【返報性の原理】

スポンサーリンク
ロバート・Bチャルディーニ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「無料のモノほど怖いものは無いと言われている理由【返報性の原理】」です。

「クーポンで無料のモノをもらうはずが余計な買い物までしていた」
「無料が世の中で一番怖いけど理由は知らない」

そんな無料の魔力に負けてしまうあなたに向けて書いた記事です。

 

情報元は
ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料と返報性の原理の関係

 

あなたは無料でもらえるものは好きですか?

しょせん無料でもらえるモノの価値は知れているとはいえ
試供品などはついついもらってしまいますよね。

 

ついついもらってしまいがちな試供品や無料クーポンなどには
隠された罠があることが発覚しました。

それは、無料なものをもらうと返報性の原理が働くことです。

返報性の原理とは
相手から何かもらうとその相手に対して恩を感じ
何か返さないといけないような気持になることです。

スーパーなどで試食した後に
商品も買わないといけない気になるのも返報性の原理の1つです。

 

「いやいや自分は大丈夫返報性の原理なんかにはまっていない」
と考えている人もいますが、
あなたが思っているより返報性の原理は厄介です。

  

例えば、無料クーポンがあるからコンビニに行くと想像してください。

そして、無料クーポンのついでに何か昼ごはんを食べようとしたときあなたは
どこで昼ごはんを買いますか?

もちろん、コンビニですよね。

無料クーポンで商品をもらうついでに昼ごはんも買えて一石二鳥
なはずですが、

それ、まんまと無料の罠にはまってます。

 

なぜなら、あなたの考えにコンビニ以外が浮かばなかったからです。

まぁ元からコンビニに昼ごはんを買いに行くならまだしも、
無料クーポンを使いにコンビニに行ったはずが余計な出費までしてるということです。

ご近所状況にもよりますが、
コンビニによりスーパーの方が安くすみますし
なんなら近くの飲食店なら安く弁当も手はいるでしょう。

そして、コンビニにで昼ごはん買うから無料クーポンで商品をもらいやすい
という無意識の行動も生まれます。

 

今回の結論としましては、
無料が恐ろしいのは無料に目がくらみお店の意図通りにあなたが釣られるということです。

マルチ商法で有名なアムウェイも
無料の試供品を家に置いてもらい1週間後引き取りに来て
必要なものがあったら引き取りの際に注文できるシステムなんかも使ってます。

これも試供品と言う無料と無料なものをもらったという返報性の原理が働いた結果
アムウェイの商品を買う流れになります。

 

もし、あなたがお店や営業マンの胡散臭いトークに騙されて
高い出費をしたくないなら
ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器」はおすすめの本です。

「影響力の武器」では人の無意識に働きかけ人を操る方法と対策が載ってるので
自己防衛にも使えますしあなたがビジネスマンなら………..

↓にAmazonのリンクを貼っておくので気になる方はどうぞ。

最後に

 

今回は無料のモノは返報性の原理が発生することをご紹介しました。

 

私の過去記事でも人が無意識の行動で操られているor操ることができる
ことを書いているので良ければ↓のリンクからどうぞ。

 
人の無意識に働きかける方法

 

あなたが、無料から損をしないことを願っています。

 

著者:ロバート・B・チャルディーニ
書籍名:影響力の武器 [第三版]
発売年:2014年
訳者:社会行動研究会
発行者:柴田敏樹
印刷者:日岐浩和
印刷所:株式会社誠信書房

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました