スポンサーリンク

無理してオーガニック野菜を購入する必要があるのか?

スポンサーリンク
不老長寿のメソッド
スポンサーリンク

こんばんは!

今回は「無理してオーガニック野菜を選ぶべきか?」です。

「健康に気を使いたいけどオーガニック野菜は高い」
「オーガニックと普通の野菜の違いは?」
などオーガニック野菜を選ぶべきかどうか悩んでいるあなたに向けて書いた記事です。


情報元は
パレオな男で有名な鈴木祐さんの
「不老長寿のメソッド 死ぬまで若いは武器になる」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもオーガニック野菜とは?

 
ブログの本題
「オーガニックと普通の野菜どちらがいいのか?」
に答える前に

あなたはオーガニック野菜についてどれぐらいご存じでしょうか?

ほとんどの人は
「なんか健康に良い野菜」
「農薬を使用していない野菜」
ぐらいにしかしりません。

オーガニック野菜と普通の野菜の違いは
【できる限り化学農薬を使用せずに栽培した野菜】です。


できる限りと書いたように
無農薬野菜とは違い
オーガニック野菜にも農薬は使用されています。

もちろん、
使える農薬の種類は限定されていますが
全くの無農薬とは異なります。

オーガニック野菜VS普通の野菜

 
オーガニック野菜というものがだいたいわかったところで

オーガニック野菜と普通の野菜どちらの方を選んだらいいのか?

一言で答えると
無理してオーガニック野菜を買う必要はないという結果になります。


スタンフォード大学の240件のメタ分析では、
オーガニックと普通の野菜には目だった差はみられないと発表されています。

反論として
ニューカッスル大学の343件を調べたメタ分析では、
オーガニック野菜の方が抗酸化物質が多く
重金属が少ないと発表されています。

 
各研究結果を見ると結局
オーガニック野菜と普通の野菜どちらがいいのか決めることができません。

しかし、1つだけ言えることがあります。
それは、植物を育てる環境が変われば植物も変わるということです。


オーガニック野菜を育てても、
その土壌に重金属が多く含まれていれば
オーガニック野菜の特徴である重金属が少ないメリットがなくなることになります。

なので、
気候や土壌によって変わるので
オーガニック野菜に気を遣いすぎなくてもいいという結論です。


我々消費者にとっては
土壌を調べたり気候を調べて野菜の状態を把握するほどの労力はかけたくないですしね。

なので、
お金に余裕があるならオーガニック野菜
お金に余裕がなければ無理してオーガニック野菜を選ぶ必要はない。

プラシーボ効果もあるので一概にはいえませんが、
安い方がいいなら普通の野菜でも良いんではないでしょうか。

最後に

 
今回は、オーガニック野菜と普通の野菜どちらを選ぶべきかについてご紹介しました。

情報元として使用した
鈴木祐さんの「不老長寿のメソッド」では

健康でいるため食事の質をどう高めるかを教えてくれます。

食事から健康な体を作りたい方は↓のリンクからどうぞ。

 
あなたが無理のない範囲で健康を手に入れられることを願っています。

    引用元情報
    著者:鈴木祐
    タイトル:不老長寿のメソッド 死ぬまで若いは武器になる
    発売年:2021年
    発行者:斎藤龍男
    発行所:株式会社かんき出版
    印刷所:ベクトル印刷株式会社

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました