スポンサーリンク

男性・女性関係なく赤いシャツを着ると魅力的に見える理由

スポンサーリンク
天才科学者はこう考える ジョン・ブロックマン
スポンサーリンク

こんにちは!
今回は、男性・女性ともに赤いシャツを着ると魅力的に見える理由をご紹介します。

「初対面の異性にどの服を着ていこうか?」
「少しでも異性に魅力的に見られたい!」
というあなたに向けて書いています。

赤いシャツ以外にも魅力的に見られる方法も紹介してるので最後までご覧ください。

 

今回、引用元として使用した本は
ジョン・ブロックマンが編集した「天才科学者はこう考える」の中に載っている
心理学者のアダム・オルターが書いた
「赤いシャツを着ると魅力的に見える-無意識下の情報処理」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤いシャツが魅力的に見える理由

 

赤色がなぜ人に魅力的に見られるのか?

それは、
・恋愛に積極的であること

・同種のほかの個体よりも優位にいることを示す

この2点が赤色の特徴です。

 

ロチェスター大学の心理学者
アンドリュー・エリオットとダニエラ・ニエスタの研究では 

男性が赤いシャツを着ると、
他の色のシャツを着ている男性よりも
女性に少し魅力的に見られる。

という効果が証明されているので、
男性が女性を落としたい場合には
赤い服をおすすめします。
※ただし、赤が魅力的に見えるのは心理学的な話であって
 一定の割合で赤が苦手な女性も存在するので肝心なのは
 相手とのコミュニケーションですよ。

女性が赤を活用する場合は
写真を赤で縁取ると男性にとってより魅力的に見える
ことが証明されたので、
インスタやオンラインでの出会いなどなど
気になる人に見られる画像を載せる場合は
赤で写真を縁取ることをおすすめします。

 

赤色は万能ではない

 

赤色が異性に魅力的にみられるという研究をご紹介しました。

しかし、赤色には悪い側面があります。

それは、
・赤は誤りを知らせる

・赤は警告をするときに使われる

・赤を見ると人は緊張しやすい

という効果があります。

 

赤は「誤りを知らせる」「警告をする時に使われる」「緊張しやすい」

なんとなくイメージはつきやすいですよね。

赤ペン先生という赤でテストの添削をする人もいますし

警備員は赤い警棒で注意をします。

 

「赤と緊張がイメージつかない」
と思われるかもしれませんが、
2009年2月27日に発行されたサイエンス誌の中に答えが載っていました。

それは、赤色を見ると緊張し創造性が下がることが紹介されていました。
※創造性とは「新しい価値を生み出す力」
 簡単に言うと新しいことを思いつく力です。


「緊張と創造性の低下が繋がらない」
と思われる方のために簡単にご紹介すると

創造性(新しいことを思いつく)には
リラックスしている状況である必要があります。

例えば、
シャワーを浴びてる時に新しいアイデアを思いついた
なんて話はよく聞きますよね?

しかし、赤色は無意識のうちに緊張を与えてしまいます。

なので、赤色を使用するときは十分注意しましょう。

 

赤いシャツ以外に魅力的に見られる方法

 

赤いシャツ以外にも魅力的に見られる方法はあります。

それは、暖かさです

暖かさと言っても性格的な暖かさではなく温度のことです。

温かいコーヒーの入ったカップを手に取ってるときに
知らない人を見ると相手の第1印象が良くなります。

 

この結果は、非常に面白いですね。
「温かい物を相手が持っている必要があるって難しいじゃん」
と思われるかもしれませんが大丈夫です。

温かい飲み物を持たせる方法ならあります。

例えば、
あなたが、温かい飲み物をわたす。
プレゼントとしてわたせば「返報性の原理」も
合わせてあなたがより魅力的に感じられるはずです。
※「返報性の原理」でわたすものは相手が欲しい物でなくても大丈夫です。
 しかし、飲み物なら相手の好みを知ってる方が有利かもしれません。

 

まぁ長年生きている人ほどこの研究結果に対して異議を唱えたいと思います。

なので、まずはあなたが試してみて下さい。

試す方法は
カフェに入り日ごとに温かい飲み物と冷たい飲み物をのみ分けてください。

そして、店員さんや他のお客をみてどんな第一印象を受けるか記録してみてください。

もし、あたなが嫌いなタイプの人間でも感じる第一印象は
温かい飲み物を飲んでるときは良い印象を受けるかもしれません。

 

最後に


今回は、赤色のシャツが魅力的に見える理由として
赤色には恋愛に積極的な印象を与える・他の人より優位に見える
がありました。

ほかにも、温かいモノを持っていると
相手の第一印象が良くなるもありました。

このように、人間は無意識のうちに
いろいろな情報に影響を受けています。

今回紹介したもの以外にも
晴れの日よりも雨の日の方が記憶が正確になりますし
Appleのロゴを見ただけで、創造的な思考をするようになります。

普通だと思っている日常の中でも影響を受けていることを
常に心にとどめておく必要があります。

 

あなたが感じている
「幸福感」「怒り」などの感情は
もしかしたら、色や天気などが影響してるかもしれませんよ。

 

「天才科学者はこう考える」では今回の記事のように
151人の一流の研究者・思想家が各々の考え方をコラム形式で書いています。

1人当たり約2ページ~6ページほどの文章量で読みやすく
内容としても濃い内容になってます。

さながら、アニメやドラマの総集編のような感覚です。

それに加え「天才科学者はこう考える」は2020年3月に発行されたばかりの本です。

今を生きる天才達の考え方を知りたい方は是非読んでみて下さい。

「90%の人が自分を平均以上のドライバーだと考えている」
「「危険」は証明できても「安全」は証明できない」
「オックスフォードの学生の90%が間違えた理論クイズ」
「「確信のない結論」のほうが信頼できる理由とは」
「「因果関係」を理解できれば世界はより平和になる」
「なぜタクシー運転手の脳は成長を続けるのか」

このレベルのコラムが151記事あります。

私自身「天才科学者はこう考える」を読むことでいろいろな日常の出来事に新しい見方をくれました。

私は紹介するだけで読むか読まないかはあなたの自由ですが。


天才科学者はこう考える 読むだけで頭がよくなる151の視点 [ ジョン・ブロックマン ]

引用元情報
編者:ジョン・ブロックマン
訳者:夏目大 花塚恵
発行年:2020年
発行所:ダイヤモンド社
装丁デザイン:竹内雄二
装丁画像:Paul Campbelll/iStock
本文・図版デザイン・DTP:松好那名
製作進行:ダイヤモンド・グラフィック社
印刷:信毎書籍印刷(本文)・新藤慶昌堂(カバー)
製本:川島製本所
編集協力:野口孝之
編集担当:上村晃大

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました