スポンサーリンク

相手と仲良くなるための類似性の追求方法「コミュ障でも5分で増やせる人脈術」より

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

 

こんばんは!

今回は「相手と仲良くなるための類似性の追求方法」です。

「誰かとてっとり早く仲良くなりたい」
「誰かと今よりも親密になりたい」

そんな自分の友達や仲間を増やしたいあなたに向けて書いた記事です。

 

情報元は
メンタリストDaiGoさんの「コミュ障でも5分で増やせる人脈術」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

類似性の重要性

 

あなたは友達を作るときに何をアピールしますか?

色々ありますが、
もっとも相手の警戒心を下げるのは
【類似性】です。

 

類似性とは言葉の通り
相手との共通点を見つけることです。

例えば、
私の類似性を見つけるなら
田村ゆかりさんが好きなこと

などです。

ここまで限定的な趣味ではなくても
家出は布団から出られない
週末は寝て過ごしてしまう
そんな日常の些細な共通点でも大丈夫です。

 

と【類似性】が大切です!!
と言われても正直どうやって【類似性】を
聞き出せばいいかわかりませんよね。

相手のSNSを知ってるなら話しは別ですが
全くの初対面や2度目の人なら情報が乏しいなかで
どのように相手の類似性を見つければいいのか?

 

方法は以外と単純です。

相手にあなたが感じた主観と逆のことを質問してみてください。

 

例えば、
あなたが相手のことを
コミュ障だと感じたら
「人と話すの苦手そうにみえますけど
実は仲良くなるとおしゃべりしたくなるタイプじゃないですか?」

という風に印象と逆の質問を投げつけてみてください。

 

主観と逆の質問をすることのメリットは
・相手の本音を知れる
です。

 

あなたも同じだと思いますが
基本的に初対面や初めて
なんなら仲のいい人でもある程度自分を隠している部分ありませんか?

べつに隠しているわけでもないが、
聞かれないからいわなかったなどなど

そんな誰も知らない情報を相手に打ち明けることは認知的不協和といって

誰も知らない自分の情報を話すことは
親しい人だと感じたりします。

 

そして、類似性の発見の部分でも
相手の表面的な類似性を強調しても
相手は本当の意味であなたに親しみをもってくれません。

 

逆に相手の本音の部分の類似性と共通点をもっていることを伝えることで
相手とあなたの親密感は一気に上がります。

 

なので、誰か親密になりたい人がいるなら
相手の印象と逆の質問をしてみて
相手の表面的ではない本音の部分の類似性を見つけてみてください。

 

そして、よりコミュニケーション能力や
人脈を作りたいと思っているなら
メンタリストDaiGoさんの「コミュ障でも5分で増やせる人脈術」をおすすめします

 

百聞は一見に如かず、メンタリストDaiGoさんの著書だからと読まない人もいるかもしれませんが
1度読むとわかりますよ。

最後に

 

今回は、類似性についてご紹介しました。

 

私の過去記事でも
誰かと仲良くなるための方法をまとめた
記事があるので下のリンクから合わせてどうぞ。

 「人脈を広げたいならこれ!

 

あなたの望む人間関係が作れることを願っています。

 

引用元情報著者:メンタリストDaigoタイトル:コミュ障でも5分で増やせる人脈術発売年:2019年発行所:株式会社マキノ出版発行者:室橋一彦

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました