スポンサーリンク

相手と意志疎通をとるための簡単な方法「人の心を一瞬でつかむ方法」より

スポンサーリンク
ジョン・ネフィンジャー
スポンサーリンク

こんばんは!

今回は「相手と意志疎通をとるための簡単な方法」です。

「相手の話し方に合わせることができない」
「相手との意志疎通がはかれない」

そんな他人との意志疎通が苦手なあなたに向けて書いたきじです。

 
情報元は、
ジョン・ネフィンジャー、マシュー・コフートの「人の心を一瞬でつかむ方法」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手と話をしたければ相手の輪の中に入る

 
あなたは、誰かと話すときいつもの自分で話しますか?
それとも話している相手に合わせて話し方を変えますか?

 
話し方を変えたり変えなかったり人は意外と無意識で行動しています。

しかし、あなたが相手と意志疎通をはかりたいと思うなら【相手の話し方にあなたも合わせることが必要】です。

例えば、
相手が怒っている時に
「なんで現状に至ったのか説明してください」
と言われているのに
こちらが「申し訳ございませんでした」
の1点張りだとどうなると思いますか?

そうですね、
相手は自分のして欲しい対応をしてもらえずにはぐらかされたとおもってしまいますね。

もし、相手が説明を求めてきている場合
相手は論理的思考に基づいて行動している人間だとはんだんできます。

相手が、論理的思考をしている場合は
無理に「申し訳ございませんでした」
と続けるよりも簡潔に原因を説明して
次回からはどう改善するかを伝えれば
相手の怒りも収まるはずです。

 
ここで重要なのは
相手の性格タイプに合わせた話し方を
あなたが心がけるということです。

もし、相手が感情的に謝罪を要求してくる場合は
原因をくどくど説明しても逆効果なので
早々に謝罪した方が得策です。  

 

実際に相手の性格タイプを観察してみるとわかるのですが、
時と場合そして相手によってことなります。

いつも穏やかな論理型の人でも
一番大切な物が脅かされる時は感情的になったりもします。

性格タイプに関しては
この人はこのタイプと決めつけるのではなく

相手がその時話している内容から探ってみてください。

最初は
相手が【感情的】なのか【論理的】なのか
の2択で構いません。

相手の話している話し方をじっくり観察して
相手にばれないように相手と同じような話し方をしてみてください。

きっとあなたのままで話すよりも意志疎通がはかりやすくなるはずです。

最後に

 
今回は、相手と簡単に意志疎通をとるための方法をご紹介しました。


ジョン・ネフィンジャー、マシュー・コフートの「人の心を一瞬でつかむ方法」では、
いわゆるカリスマのように人を引き付ける
たった2つの魅力について解説されています。

もし、あなたがYouTuberや誰かを率いる立場なら是非とも読んでおきたいおすすめの本です。

 
あなたがしっかり相手の性格タイプを判断できることをねがっています。

引用元情報
タイトル:人の心を一瞬でつかむ方法
著者:ジョン・ネフィンジャー、マシュー・コフート
発売年:2015年
発行者:佐藤和夫
発売所:株式会社あさ出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました