スポンサーリンク

自殺は必ずしも悪いことなのか?哲学の答えは?

スポンサーリンク
「死」とは何か
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「自殺は必ずしも悪いことなのか?哲学の答えは?」です。

「自殺を考えているが、誰にも相談できない」
「死について周りがおびえすぎていると感じる」
など自殺や死が非難の対象になっていることに疑問をもつあなたのために書いた記事です。

ちなみに私は、早く死んで楽になりたいです。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
シェリー・ケーガンの「「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義」です。

【死】についてあなたの中に意味を持たせてくれる一冊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自殺に対する世間の考え

 

自殺に対して世間一般的な意見としては、
「生きていればいいことがあるから、だから自殺なんてダメ」
これが良く言われる自殺がダメな理由です。

 

しかし、自殺を考えている人にとって未来を生きることよりも
現実を生きることの方がツライく感じるのは確かです。

 

未来に希望を持つ一般論と
現実に絶望する個人の意見はどのように折り合いを付けることができるのか?

 

自殺が正当化される場合

 

一般論では
「生きていればいいことがあるから、だから自殺なんてダメ」
というなら、未来に良いことが無ければ自殺をしても許されるのではないか?

 

例えば
A⇒B⇒Cの時間軸があるとしよう。

Aの地点ではまだ自殺を望んでいない、可もなく不可もなく生きている。

A⇒Bの間に嫌なことが起き
Bの地点では自殺を望んでいる。

B⇒Cの間に環境が変わり嫌なことが終わる。
Cの地点では幸せに過ごしている。

一般論で考えられる自殺がダメな理由が
最終的にC地点(幸せに過ごせる)があると思っているからです。

 

しかし、C地点でも嫌なことが続き
人生通してB⇒C⇒寿命までの間ずっと嫌なことが続いていたらどうだろうか?

未来への希望よりも早く自殺した方が生きることよりも救われるのではないだろうか?

 

 

結論を言えば、

未来に現在よりも改善される希望があるんら自殺は一般論から言いても悪になる。

しかし、未来を考えても希望が持てない場合(未来の見通した結果悪い状態になる場合)は
自殺が正当化される。

 

 

極端な話、
ある地点から毎日身体が引き裂かれそうな痛みを味わってたとしたら
将来的にも治る可能性が無いのなら自殺してラクになることは正しい。

なぜなら、生き続けても痛みに苦しむだけの人生になるから。

 

痛みと引き換えに自殺することは、
現代で言えば、「安楽死」を選択することと同じである。

 

今まで自殺という言葉を使用してきたが、
「安楽死」という言葉に変えたとたんに周囲の目が厳しくなくなる。

なぜならば、「安楽死」を選ぶ人は未来に希望を持てない(現実的に)と思われるので
「安楽死」がたとえ自殺と同じ行為だったとしても正当化される。

「安楽死」を患者が望めば医者が犯罪者になりませんし。

 

自殺がダメで安楽死が許されるのは何故なのか?

 

自殺と安楽死の違い

 

安楽死の場合は周囲の人も病状や状態に納得しているケースが多い。

 

しかし、自殺の場合は
「なんで、自殺なんて馬鹿なことをしたのか?」
と周囲の人に思われる。

この違いはいったいなんなのか?

 

それは、自殺を考えている人間は正常に物事を判断できなくなっているからです。

 

私も経験ありますが、自殺を考えている人間の睡眠時間や思考回路はとてつもなく
ネガティブな方向にしか物事を考えることができません。

1つの嫌なことに対して10個良いことがあっても
嫌なことばかり目につきます。

 

もし、あなたが自殺を望み本当に自殺するだけの理由があるなら周囲の人を納得させる理由を提示できるはずです。

 

学校のいじめで自殺をするのはバカだと言われるのは、
転校すれば解決すると思われるからです。

毒親に嫌気がさして自殺をするのはバカだと言われるのは、
親と縁を切って一人暮らしをすればいいと思われるからです。

※そう簡単に変えることができないのに周囲の人間はいとも簡単に言ってきます。

 

さぁあなたがもし、自殺を考えるならなんといって周囲の人間を納得させますか?

「そんなことのために自殺するなんて」と言われないためにどうすればいいのか?

 

私の場合は、一般人の60倍のアレルギー体質なので
普通の人が何気なく手に入れている生活を
どれだけ苦労して私が手に入れているのか知っていますか?
想像できますか?
あれもだめ、これもだめ、歩きたばこの副流煙で死ぬ可能性がある。

身体が弱れば日光にさえアレルギーが反応する。

ドラキュラよりも酷い身体で働いてお金を稼ぐのにも限界がそのうちくる。

限界を迎えてただ屍のように生きるなら今自殺した方がまし。

 

とかいいそうでね~私の場合。

 

あなたが自殺を考えているなら誰かに話してみてもいいんじゃないですか?
引き留められるとか同情してくれる人ではなくて、ただ話を聞いてくれる人に。

 

最後に

 

今回は、自殺は必ずしも悪いことではない。正当化される場合もあることをご紹介しました。

 

私がまだ生きていられるのは、田村ゆかりさんが活動を続けていてくれるからです。

田村ゆかりさんが私の中の未来を生きたいとおもえる希望になっています。

 

 

もし、あなたが【死】について自殺についてより深く考えたいなら
シェリー・ケーガンの「「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義」はおすすめの本です。

 

自殺を考えているなら時間もお金も何に使ってもいいはずです。
惜しむのもおかしいですよね。

なら、シェリー・ケーガンの「「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義」を読んでみて
あなたの【死】が哲学的に後押しされるものなのか?
非難されるものなのか知ってから自殺してもいいのではないですか?

 

あなたの眠りが安寧たりえることを願っています。

 

引用元情報
著者:シェリー・ケーガン
タイトル:「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義
発売年(電子版):2018年
訳者:柴田裕之
編集:宮本沙織
本文デザイン:小木曽杏子

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました