スポンサーリンク

誰にでもできる!新しいアイデアを作るたった5つのステップ

スポンサーリンク
アイデア
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「誰にでもできる!新しいアイデアを作るたった5つのステップ」です。

「何か新しいことを始めたいけど何も思いつかない」
「仕事でアイデアを出さないといけないのに何も出てこない」
などアイデアを出すのに苦労しているあなたに向けて書いた記事です。

アイデアと言っても何も起業するためのものだけではありません。
掃除をラクにするものだったり、仕事を効率的にするものだったり、
料理でちょっとした隠し味なんかもアイデアに含まれます。

どっしり構えずに気楽に読んでもらえたら嬉しいです。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
ジェームズ・W・ヤングの「アイデアのつくり方」です。

この本の凄いところは1時間以内で読めるのに一生使えるアイデアのつくり方を身に付けることができるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもアイデアってどう作られるのか?

 

アイデアをつくるための発想としてあなたに覚えていてほしいのは
「アイデア=既存のものと既存のものの組み合わせ」
ということを念頭においてください。

 

新しい革新的なアイデア!
といわれるものでも実は既存のモノの組み合わせだったりします。

ネットフリックスなどの動画配信サービスは今では当たり前ですが、
出た当時は革命的な発想でしたよね。
TSUTAYAに行かなくても家で映画が見れる。
そして延滞料金も発生しないし借りに行く手間も省ける。

ただ、ネットフリックスも既存のモノの組み合わせでした。
TSUTAYAなどのレンタル店のように映画を貸すシステムと動画配信の組み合わせですよね?
※もっと複雑ですが、簡単にまとめています。

 

そして、ジェームズ・W・ヤングの「アイデアのつくり方」で紹介されている
アイデアのつくり方もまた既存のモノの組み合わせです。

 

ちなみに、脳科学系の本を読んでもアイデアのつくり方としては
ジェームズ・W・ヤングの「アイデアのつくり方」で紹介している5つのステップと似た考えなので
いろんなところで多くの人が実証している話なので安心して読んでもらえればと思います。

逆に言うと、今回紹介する5つのステップ以外のアイデアのつくり方は本当に正しいのか
吟味する必要がありそうですね。

 

アイデアを作り出す5つのステップ

 

アイデアの根本が分かったところで、
ではそのアイデアはどんな手順で作られるのか?

 

アイデアを作るための5のステップは

1.資料を集める

2.集めた資料を咀嚼する

3.問題を忘れる

4.アイデアの訪れを待つ

5.アイデアを現実世界に連れ戻す

 

5のステップを見れば大体の流れはつかめましたか?

あまり多くは語らなくていいかもしれませんが、
1ずつ簡単に見ていきましょう。

1.資料を集める

 

アイデアを作るためには資料集めは欠かせません。

なぜだかわかりますか?

 

そうですね、最初にご紹介したように
アイデアは既存のモノの組み合わせであるからです。

 

そもそも既存のモノを知らないと話になりません。

新しいゲームを作ろうとしているのに、
Sonyや任天堂の技術を全く知らないまま今更インベーダーゲームを作るみたいな話です。

もうすでにある物や時代遅れなものを作って革新的なアイデアと勘違いしている人が多いのは
資料集めが足りないからです。

 

そして、資料集めで大切なポイントは
ゲームを作りたいならゲーム関連の資料以外の資料も集めないといけません。

ゲームを考えればわかりますが、
ウイニングイレブンはゲーム×サッカー
ドラクエはゲーム×ファンタジー
バイオハザードはゲーム×ホラー

などなどゲームとゲーム以外の組み合わせによってできています。

 

資料収集はどんな資料とどんな資料を集めるかによって結果が劇的に変わります。

2.資料の咀嚼

 

資料集めが終われば次に資料の咀嚼ステップに移ります。

 

資料の咀嚼ステップでは、
集めた資料を元にどの組み合わせが可能なのか?を考えるステップです。

 

宇宙兄弟で出てきた宇宙飛行士になるための試験で出てきた
真っ白なジグソーパズルを完成させるみたいなものです。

何と何が組み合わさるのかわからないけど、つなげては壊し
またつなげてぴったりとハマるところを探します。

 

3.問題を忘れる

 

資料の咀嚼が終わればもう忘れましょう。
見た資料の内容も組み合わせも何もかも忘れて違うことを始めましょう。

 

「忘れたらせっかく集めた資料や考えた組み合わせが台無しになる」
と考えるかもしれませんが大丈夫です。

人間は無意識でかってにいろいろ考えています。

もちろん資料の咀嚼をしていないと何も意味はありませんが。

 

よく聞く話で、シャワーを浴びてる時に新しいアイデアを思いつくみたいな話がありますよね?

4.アイデアが訪れるのを待つ

 

資料を集め・咀嚼し・忘れたら後は待つだけです。

 

資料集めや咀嚼が足りないと思えば1度戻る必要がありますが、
十分にやりきったと思えばもう忘れて後は待ちましょう。

 

散歩や読書・どこかに遊びに行っても何をしても大丈夫です。
ただし、意識的にアイデアのことを思い出そうとしない限りは。

 

アイデアのことを忘れている時間でも、無意識に考えてはいるので
ふとした時にアイデアがやってきます。

アイデアあ気まぐれなのでいつ現れるかわかりませんが、
アイデアはネコみたいな性格だと思ってひたすら待ちましょう。

5.アイデアを現実世界に連れ戻す

 

最後のステップは生まれたアイデアを現実世界に連れ戻すことです。

SAOの世界に取り残されているアイデアを連れ戻す必要があります。

 

空想の世界で生まれたアイデアはあなたの世界では革新的なアイデアになってるかもしれませんが、
他の人が見たら現実的に実行不可能な要素がふんだんに盛り込まれている可能性があります。

 

新しい料理方法を思いついたとしましょう。

では、まず食べてもらう人に魚を肉だと仮定して食べてもらう必要があります。
といわれても、魚が肉になることなどありえませんよね。

ですが、あなたは魚を肉だと仮定すれば今までに食べたことのない料理が完成すると思っています。

無茶苦茶な理論に思えますが、
アイデアを思いついた人の多くは
「自分のアイデアは完璧だ」と思い込んでいます。

無茶苦茶な理論でもアイデアは完璧だとさえ考えています。

 

そこで、アイデアを作り出したら1度批判的な目で自分のアイデアを見て下さい。

アイデアに欠点はないのか?実行するにはどんな障害があるのか?
自分で考えるだけでなく他人にアドバイスを求めるのもいいかもしれません。

 

もし他人にアイデアを盗まれるかも知れないと思うのなら、
他の人も真似できるほどのしょうもないアイデアだったと諦めて下さい。

最後に

 

今回は、アイデアを作る5つのステップを紹介しました。

 

もっと本格的にアイデアのつくり方を学びたいと思うのなら
ジェームズ・W・ヤングの「アイデアのつくり方」を読んで下さい。

1時間以内に読めてアイデアを作る基礎が学べます。

スポーツでも基礎練習が欠かせないのはご存じかと思いますが、
ジェームズ・W・ヤングの「アイデアのつくり方」はアイデアを作る基礎練習が1時間で身に付けることができます。

あなたがアイデアを出しに困っているならジェームズ・W・ヤングの「アイデアのつくり方」は
おすすめの本です。

 

本を読んで一緒に新しいものを作りませんか?

そして、アイデアによってあなたのが少しでも報われることを願っています。

引用元情報
著者:ジェームス・W・ヤング
訳者:今井茂雄
解説者:竹内均
書籍名:アイデアのつくり方
発行者:小林圭太
発行所:株式会社CCCメディアハウス

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました