スポンサーリンク

途中で挫折してしまうあなたへ。【フィードバック】の回数は適切ですか?

スポンサーリンク
やり抜く人の9つの習慣
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「途中で挫折してしまうあなたへ。【フィードバック】の回数は適切ですか?」です。

「目標を立てても達成する前にあきらめてしまう」
「目標までの距離がわからなくなる」

そんな目標達成が困難なあなたに向けて書いた記事です。

 

今回の情報元はハイディ・グラント・ハルバーソンの「やり抜く人の9つの習慣」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目標達成には適切なフィードバックが必要

 

あなたは目標達成するために何に一番力を入れますか?

多くの人は目標達成するための計画を練ることに専念しています。

 

しかし、目標達成のために計画を練るだけでは不十分です。

必要なのは、目標と現在位置を把握するためのフィードバックを得ることです。

 

まず、目標達成の大前提として
どのように行動すれば目標を達成できるのか?を
具体的に考えるのが計画の段階です。

  

そして行動が決まれば後は目標に向かって頑張る……..
だけでは不十分です。

目標に向かって頑張っていても
現在どれぐらい目標に近づいているのかを知らなければ
人は「やる気が出ない」「集中できない」状態になります。

 

まぁマラソンと一緒ですね。
現在とゴールまでの距離を示す看板が定期的に立っている道路と
現在とゴールまでの距離を示す看板が無い道路では
看板がある道路の方が気持ち的にも走りやすいはずです。

なんせ後どれぐらい頑張ればゴールできるかわかりますから。

ただ、ガムシャラに走って見えないゴールを目指す場合は気持ち的な負担が大きいです。

 

 

そして、目標達成に関しての
目標と現在位置を示す看板の役割を担うのがフィードバックです。

フィードバックを行うことにより
後どれぐらいの期間でどれだけ行動しないといけないのか?
目標の修正や行動の修正が必要なのか?
様々な情報を与えてくれます。

 

コロンビア大学の研究によれば
人間は、無意識のうちに
「今の自分」と「理想の自分」を比べています。

「今の自分」と「理想の自分」との距離の大きさによって
人間の行動は変わります。

 

しかし、多くの人はフィードバックを得ていないので
「今の自分」の立ち位置を把握することができません。

スタートからどれぐらいの位置にいるのか?
ゴールまであとどれぐらいなのか?

闇の中を走っているのと同じで、
むしろスタート地点に向かって走っている可能性すらあります。

 

 

あなたが仕事・ダイエット・スポーツ・副業
何でも構いません。

何か目標を立てているならフィードバックをしてみてください。

現実と理想のギャップに押しつぶされるかもしれませんが
それでも、「やればできる」なんて自己啓発をするよりは
格段に目標達成に近づけるはずですから。

 

最後に

 

今回は、目標達成するためにはフィードバックが重要ということを紹介しました。

 

フィードバックを行う上で目標に合わせたフィードバックが必要になります。

目標が1ヶ月ほどの短期間なものなのか?
目標が1年ほどの中期間なものなのか?
目標が5年ほどの長期間なものなのか?

目標の期間によって必要になるフィードバックは異なります。

 

あなたがもっと詳しくフィードバックについて
目標を達成する方法を知りたいと思っているなら
ハイディ・グラント・ハルバーソンの「やり抜く人の9つの習慣」はおすすめの本です。
是非一度お手に取ってみてください。

 

 

目標達成に関しては
他のアプローチの記事も書いてるので
よければ↓のリンクからどうぞ。

 

目標達成の決定版!!

 

あなたが目標達成できることを願っています。

引用元情報
著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン
タイトル:やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学
発売年:2017年
訳者:林田レジリ浩文
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

コメント

タイトルとURLをコピーしました