スポンサーリンク

運を操る力を身に着けるために必要な前提条件その①「不安に強くなる」

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「運を操る力を身に着けるために必要な前提条件その①「不安に強くなる」」です。

「さいきん運がむいてない」
「運気を上げるためにはどうしたらいいのか?」

と運を味方につけたいと考えているあなたのために書いた記事です。

とは言っても、科学的に根拠のある話なので安心してください。

「この壺を買えば運気が上がりますよ」
「あなたの星座的に~」
など眉唾なモノは含んでおりませんのでご安心ください。

 

シリーズものとして今回から約3回の間
運を操るシリーズを続けていきますのでぜひお楽しみに。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

運の正体とは?

 

あなたは、自分が不運だと思ったら何をしますか?

神社に祈願に行きますか?
よくわからない占い師に相談しますか?
開運アイテムを身に着けますか?

 

正直に言います。
神社に行こうが占ってもらおうが、開運アイテムを身に着けようが意味はありません。 

 

まぁ「○○のおかげで良いことが起こった」なんて話がありますが、
科学的には、
願掛けをして目標を達成しないといけないという無意識のプレッシャーから
目標を達成させるという内容です。

なので、○○神社で祈願したから受験に合格したのではなく
○○神社にわざわざ足を運ぶほどその人が日頃から勉強を頑張っていたのです。

もしくは、わざわざ○○神社に行ったのに受験に失敗するわけにはいかないという
思いからより勉強をするようになったのでしょう。

 

どちらのパターンでも結局は本人の努力が結果に結びついているのです。

 

そして、運と言う名の自分の努力や行動を操るのに必要なのが3つあります。

1つ目は「不安に強くなる」

2つ目は「試行回数を増やす」

3つ目は「気づく力を増やす」

 

この3つが重要になってきます。

 

今回は1つ目の「不安に強くなる」に焦点を当ててご紹介していきます。

 

運を操る前提条件 「不安に強くなる」

 

運を操る前提条件1つ目は「不安に強くなる」です。

 

「不安があなたを幸運からとおざけ、不運を引き起こします。」
と言われても胡散臭いものにしか聞こえないでしょう。

 

しかし、不安が幸運を遠ざけてしまう科学的に信ぴょう性のある根拠があります。

1言で説明するなら
不安になることで「ネガティブバイアス」に陥るからです。

ネガティブバイアスとは、
「やっても、どうせ…….」
「前回も失敗したい、今回も駄目だろう」
という風に否定的な目が向くことを言います。

 

では、ネガティブバイアスがなぜダメなのか?

それは、心理学的にネガティブバイアス傾向が強い人は
自分の周りで起こっている物事の変化に気づきにくくなり
新たな出来事を受け入れにくくなるからです。

 

ようするに、幸運やチャンスなんて誰のところにも転がっているのに
そのチャンスを警戒するあまり自分のモノにでいないということです。

 

好きな異性と付き合えるチャンスだったのに
「自分なんかと親しくなってくれるなんて何か裏があるに違いない」
と考えすぎて結局付き合うことなく疎遠になる人みたいですね。

 

ネガティブバイアスは仕事にも悪影響を及ぼします。

仕事で成果を出して上司や同僚から褒められているのにも関わらず
「自分はそんな称賛をもらえる人間ではないのに」と人間関係にギクシャクしたり
「この会社は自分には良すぎて釣り合わない」なんて考え
自分を不幸の道にわざわざ進もうとします。

 

メンタリストDaigoさんが海外のカジノで負けている人(不運)を観察している時に
あることに気づきました。

ネガティブバイアスの人は自分の不安に目をつむりネガティブな感情に蓋をして
リスクを見て見ぬふりをしようとする。

そして、一発勝負に出て負けるんですね。

逆にカジノで勝っている人の行動は?というと
ディーラーと客の勝負を観察しながら
その場の雰囲気や状況を見極め自分ならどう不安を遠ざけるかの対策に時間をかけてから
勝負をします。

 

カジノで勝っている人の行動のように一見運任せに見えるモノでも
実は戦略を立てて行動する人ほど勝っています。
それが、周囲の人から見れば運がよかったといわれます。

 

完全に運任せのじゃんけんと言うみなさんご存じの勝負方法がありますね。

じゃんけんですら、勝っている人には共通していることがあります。

それは、最初はグーで始まるじゃんけんに限り
相手が出す手を観察し続け、
手の指が少しでも動いたなら「チョキ」を出し
手の指が動かないなら「パー」を出すというものです。

理由は簡単で、手の指が動く=「パー」か「チョキ」
と考えられるのでこちらは「チョキ」を出せば負けない

手の指が動かない=「グー」
と考えられるので「パー」で勝てる

という考え方です。

もちろん、相手の指を瞬時に観察する観察能力を鍛える必要がありますが
運の勝負だと思っているものでも100%ではないにしても勝ち方があります。

 

ネガティブバイアスに囚われる前に一度
周囲を見て自分の今いる状況や戦略を考え直してみませんか? 

最後に


 

今回は、運を操る前提条件として「不安に強くなる」をご紹介しました。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた
メンタリストDaigoさんの「運は操れる」では
科学的に根拠のある運の操り方を紹介してくれます。

あなたが、不運だと嘆く前に一度読んでみませんか?
ちなみに、今ならアマゾンプライム会員限定でアマゾンキンドルで無料で読めるのでこの機会にぜひ

 

ちなみに、ソシャゲのガチャ運はどうしようもないのです。
攻略法法は試行回数を増やすことです。

試行回数に関しては次の記事で書くのでお楽しみ

 

メンタリストDaiGoさんの過去記事一覧

 

あなたが運を操れるようになることを願っています。

引用元情報
著者:メンタリストDaigo
タイトル:運は操れる
発売年:2018年
発行者:室橋一彦
発行所:株式会社マキノ出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました