スポンサーリンク

陰口を気にすることから卒業!陰口を言われることはあなたの能力の高さを示す指標になる

スポンサーリンク
あなたを変える52の心理ルール
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「陰口を気にすることから卒業!陰口を言われることはあなたの能力の高さを示す指標になる」です。

「職場の人から陰口を言われている」
「陰口が気になりストレスが溜まる」

そんな陰口におびえて生きているあなたのために書いた記事です。

 

私も以前までは、人の目や言うことを気にして生きていましたが
今では大好きな田村ゆかりさんのグッツTシャツやマスクを着けて平気で外出するほどに
他人からの目を気にしなくなりました。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
メンタリストDaigoさんの「あなたを変える52の心理ルール」です。

自分を変える方法を知りたいなら読んで損はない一冊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ陰口が気になるのか?

 

あなたは陰口が気になりますか?

 

まぁ気になりますよね。
仕事場、友人、家族、SNSでのつながり何に関しても
自分に対する批判は聞いてて心地いいものではありませんから。

 

では、陰口を言っている人が
仕事場・友人・家族ではなく、近所に住んでいる小学生だとしたらあなたは気になりますか?

 

きっと気になりませんよね?

なぜなら明らかに格下だと思える人にの言葉はあなたの耳に入ったところで、
受け流せますよね?

 

 

しかし、今現在あなたに陰口を言っているのは
小さな子供ではなく、あなたと同等か格上の人です。

 

ではなぜあなたと同等か格上の人がわざわざあなたの陰口を言うのか?
それは、あなたに対して嫉妬心を持っているからです。

 

なぜ陰口をいってしまうのか?

 

そもそもなぜ人間は陰口を言ってしまうのか?

相手に嫉妬しているなら自分が相手に勝てるようになればいいし、
裏でこそこそ言わんでも本人に直接言ったらいいはずですよね。

 

心理学的見解では、
陰口や悪口は自己防衛の1種と考えられています。

 

あなたが仕事で成功した時、
「そんな仕事誰でもできるわ」
と言われても気にする必要がありません。

なぜなら、あなたに嫉妬している人は
「自分もチャンスがあればきっとできる」
と思い込みたいからあなたに陰口を言っているのです。

それに、本当に誰でもできる仕事なら
わざわざ周りから褒められたり陰口を言われたりしないはずですから。

 

私の好きな田村ゆかりさんも日々色々な陰口や悪口をネットに書かれています。

田村ゆかりさんの陰口で多いのは、
「そんな年齢で」「可愛くない」
などが多いです。

しかし、裏を返せば陰口を言っている人は田村ゆかりさんに嫉妬をしています。

「そんな年齢で」と言っている人は、
田村ゆかりさんより若いのに田村ゆかりさんの方が断然魅力的で
ファンも多いことが羨ましいのでしょう。

「可愛くない」と言っている人は
田村ゆかりさんがファンから「世界一可愛いよ」と言われて愛されていることを
羨ましく思っているのでしょう。

 

 

生理的に無理という陰口は何に対しての嫉妬なのか?

 

あなたも経験があると思いますが、
ごくたまに「あの人は生理的に無理」と思う場面がありませんか?

何がダメなのかよくわからないけど、
なぜか嫌悪感を抱いてしまう。

 

「生理的に無理」という言葉は
相手に嫉妬している言葉ではなくあなた自身を映す鏡です。

 

あなたがもし、
「生理的に無理」と感じたなら相手のことを観察してください。

そうすれば、なぜ「生理的に無理」と感じるのかを知ることができます。

 

実は、
相手に感じた「生理的に無理」と感じる部分はあなたの潜在的なコンプレックスなんです。

 

私の場合では、
「この人の声なんか嫌いやな~」
と感じることが多々あります。

それは私自身、自分の声にコンプレックスを持っているからです。

自分の声は気持ち悪いし、長く聞くのも嫌だと思ています。

自分と似た声を持っている人に出会えば私自身のコンプレックスが刺激され
自然と嫌な気持ちになってしまします。

 

しかし、潜在的なコンプレックスは意外と自分で意識できていません。
相手に対して「生理的に無理」と感じたならそれはチャンスです。

 

あなたの潜在的なコンプレックスを知る絶好の機会です。

あなた自身が自分のどこを嫌っているのかを知ることができれば改善もできます。

 

太っている人を見て「あの人嫌い」と思っているなら
あなたのコンプレックスは太っていることです。

自分の身体を鏡で見て下さい。
きっと太っている人ほどではないかもしれませんが、
良い体形とは言えないでしょう。

 

あなたが何に対してコンプレックスを持っているのかを知ることは非常に需要です。

以前ご紹介した、ステレオタイプの科学では
コンプレックスを持っているといざという場面で能力を発揮できなくなります。

 

自分の学力が低いと思っていれば
学力テストと言われるだけでいつも以上に緊張し成績が落ちる。

自分はブサイクだと思っていれば、
好きな人を前にすると緊張して上手くしゃべれなくなります。

 

無意識的にコンプレックスを持っていることによって
あなたの能力は知らないうちに低下してしまいます。 

 

あなたが損をしないためにも
「生理的に無理」と感じたら相手を観察して
何が無理と感じるのかを知ってください。

それが、あなたのコンプレックスですから。

 

最後に

 

今回は、陰口を気にしなくていい理由とコンプレックスの探し方をご紹介しました。

 

陰口を言われるのはあなたが評価されている証拠ですから
むしろ誇ってください。
しかし、おごらないでくださいね。

そして、あなたが嫉妬して陰口を言ってしまうのは
あなたが本当に欲しいモノを相手が持っているからです。

 

人間は無意識の生き物です。
あなたの行動を今一度観察してみると面白いかもしれませんよ。

 

もし、自分の行動を変えたいけど方法がわからないなら
メンタリストDaigoさんの「あなたを変える52の心理ルール」を読んでみて下さい。

あなたの行動を変えるにはおすすめの本です。

 

 

あなたが陰口におびえなくて済むように願っています。

引用元情報
著者:メンタリストDaigo
タイトル:あなたを変える52の心理ルール
発売年:2016年
発行者:川金正法
発行:株式会社KADOKAWA

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました