スポンサーリンク

食事を変えるだけで集中力が上がる!

スポンサーリンク
ヤバい集中力
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「食事を変えるだけで集中力が上がる!」です。

「仕事や勉強に集中できない」
「カフェインを摂取しても効果が出ない」
など集中力に問題をかかえているあなたのために書いた記事です。

あなたが現在、コンビニ弁当やラーメン類、ファストフードで
お昼や晩御飯を済ませているなら必要な栄養が脳に補給されていない可能性があります。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
鈴木祐さんの「ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

集中力が上がる食事とは?

 

鈴木祐さんの「ヤバい集中力」で紹介されている
集中力が上がる食事は「地中海食」です。

「地中海食」とは?
「野菜」「フルーツ」「魚介類」「オリーブオイル」を
積極的に多く取りいれる食事です。
代表的な料理:「ラザニア」「ホイルサーモン」「トマトサラダ」

避けるもの:「ファストフード」「インスタント食品」

 

「ファストフードやインスタント食品が食べれないから自分には無理!」
と考える人が一定数存在すると思いますが、

大勢の人間が間違った行動の結果
「ファストフード」「インスタント食品」を毎日定期的に食べ
身体の見た目も集中力も低下させているのが現状です。

大勢の人間と違った「集中力の高い人間になる」「身体を綺麗に保ちたい」
などの目標を達成するには他人と違った行動が必要になります。

 

だた、今回は食事制限をするわけではなく
あくまで、身体に悪い「ファストフード」「インスタント食品」を抜き
「野菜」「フルーツ」「魚介類」「オリーブオイル」を食べるだけなので
お腹いっぱいに食事ができますし、食後のデザートに「フルーツ」も食べることができます。

毎日空腹感を感じながら集中力を上げるわけではないので、
最初の1、2週間は「ファストフード」「インスタント食品」が恋しくなるかもしれませんが、
一定期間を乗り越えれば「地中海食」の方が体に馴染むはずです。

 

私も、以前は「ラーメン」「スナック菓子」「チョコレート」などなど
大量に身体に悪い物を朝昼晩とわずに食べてました。

しかし、現在は「野菜」を中心とした生活に変更し
お肉と生魚を交互に食べ、米の代わりに「さつまいも」「ジャガイモ」
を食べる生活にも慣れました。
※慣れるのに半年もかかりませんでした。

 

「ファストフード」「インスタント食品」などの加工食品は
タバコと同じで中毒性があります。

詳しくは↓のリンクから過去記事をどうぞ
「ある食べ物を減らすだけで体脂肪が減る!?」⇒https://hiroki-library.com/?p=203

「地中海食」の具体的な効果

 

鈴木祐さんの「ヤバい集中力」では、「地中海食」の効果を
2016年のディーキン大学による統計的レビューで紹介しています。

・地中海食を徹底するほど脳機能が改善し、ワーキングメモリ、注意の持続力、セルフコントロール能力が向上する

・その効果は、国籍、年齢、性別を問わずに確認された。

P60 第1章 餌を与える~脳の能力を高めるサプリと食事法~

 

研究やレビューは海外の人を対象に行われることが多いですが、
国籍を問わずに結果が確認されているのは嬉しいことですね。

 

「地中海食」の効果が分かったところで、あなたも実践してみましょう。

ちなみに、「地中海食」の効果は早ければ2週間ほどで出るので
「地中海食」に切り替えてから毎日自分の集中力がどれぐらい高くなっているのか
自分で自分を観察してください。

観察内容は主観的でも大丈夫ですし、実際に集中時間をタイマーで測ってもいいでしょう。

必ず「地中海食」が万能だ!みたいな話ではありませんが、
少なくとも「ファストフード」「インスタント食品」を食べるよりは効果的です。

実際に脳に必要な栄養素って何なのか?

 

鈴木祐さんの「ヤバい集中力」では、脳に必須の栄養素も紹介してくれています。

・鉄分、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル

・ビタミンD

・葉酸、ビタミンB12

・オメガ3脂肪酸

・コリン

・必須アミノ酸

・Sアデノシルメチオニン

P61 第1章 餌を与える~脳の能力を高めるサプリと食事法~

 

「ミネラル」を多く含む食材
「魚介類・小魚」「海藻類」「豆類」「野菜」「肉類」「レバ」「牛乳・乳製品」

「ビタミンD」を多く含む食材
「キノコ類」「魚介類」「卵」「乳製品」

「葉酸、ビタミンB12」を多く含む食材

「葉酸」→「葉物野菜」「フルーツ」
「ビタミンB12」→「魚貝類」「肉類」

「オメガ3脂肪酸」を多く含む食材
「魚介類」(できれば生)

「コリン」を多く含む食材
「卵」「鶏肉の肝臓」「牛ひき肉」「たら」「エビ」「ブロッコリー」など

「必須アミノ酸」を多く含む食材
「卵」「肉類」「イワシ・鮭」「牛乳」など

「Sアデノシルメチオニン」を多く含む食材
「特になし」サプリで摂取

最後に

 

今回は、集中力が上がる食事として「地中海食」をご紹介しました。

 

本当は、「ファストフード」「インスタント食品」は避けるべきですが
慣れるのに時間がかかる方は先にカフェインの正しい摂取方法からスタートしても
良いかもしれません。


↓に過去記事のリンクを貼っておくので「地中海食」がどうしても無理な方はどうぞ
「本当に集中力が上がるカフェインの取り方」⇒https://hiroki-library.com/?p=402

 

「地中海食」など以外にも集中力を上げたい方は
鈴木祐さんの「ヤバい集中力」を読んでみて下さい。

残り44個の集中力が上がる方法と
なぜ集中するのが苦手なのかも教えてくれます。
科学的な根拠をもとに。

引用元情報
著者:鈴木祐
書籍名:ヤバい集中力 1日ブ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45
発売年:2019年
発行者:小川淳
発行所:SBクリエイティブ株式会社
ブックデザイン:金澤浩二
DTP/図版制作:荒木香樹
カバーイラスト:牛木匡憲
編集担当:長谷川諒

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました