スポンサーリンク

1週間死について考えるだけで【ストレスが減る】「デスライティング」

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「1週間死について考えるだけで【ストレスが減る】「デスライティング」」です。

「ストレスで最近しんどい」
「他人にやさしくできない」

そんなストレスに囚われているあなたに向けて書いた記事です。

 

情報元は
パレオな男こと鈴木祐さんの「超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド」
です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

死を考えることでストレス解消につながる

 

あなたは、自分の死について考えたことはありますか?

多くの人は自分が死ぬのが嫌と思い
自分の死について深く考えることはしません。

 

自分が死ぬのは嫌だと思っている反面
1日1日を無駄に費やすことに何も感じないのが人間の面白いところです。

 

では、そんな死について考えることとストレス解消はどんな関係があるのか?

それは、死について考えることにより人生の希少価値が高まると言われています。

 

あまり鵜吞みにできない人もいるかもしれませんが、
多くの人は死について考えないことをご紹介しましたね。

自分はいつか死ぬと分かっていても毎日無駄に費やす

しかし、死について考えることにより1日1日が大切に感じられます。

 

死とストレスについてイギリス・ケント大学の心理学者が調べたモノがあります。

実験内容は簡単で、
1週間自分の死についてエッセイを書くだけです。
1日死について考える時間は約1分ほどです。

 

結果は、
1週間死について考えた被験者は
「モチベーションが高まる」「自尊心が増す」「リラックスできるようになる」
「ストレスレベルが減少する」
などが見られました。

 

研究結果からも
「死について考える」ことはいい事が多いですが
同時に注意点もあります。

それは、自分のメンタルがマイナスになっている時に
「死について考える」とさらにメンタルが悪化することです。

 

まぁ当然ちゃ当然なんですけど、
自分がもう死にたいと思っている時に
死について考えると自殺しかねないですし。

 

なので、「死について考える」を使用してストレスレベルを下げるときは
あなたのメンタルが一時的に低下している時に使用してください。

あくまで
「何か嫌なことがあったな~」
「ちょっと最近同僚に辛くあたってるな~」
と感じた時に使用してください。

 

間違っても
「つらい死にたい」
「明日なんてこなければいいのに」
などメンタルがずっとマイナスになっている時には使用しないでください。

 

最後に

 

今回は死について考えるとストレスレベルが減少することをご紹介しました。

 

「死について考える」ことのように
ストレス対策は世の中に色々ありますが
効果が微妙に異なります。

ストレスのレベルや種類によっては
いつものストレス対策では不十分な可能性もあります。

病原菌と一緒で何種類もあるストレスに立ち向かいたいと考えているのなら
パレオな男こと鈴木祐さんの「超ストレス解消法」はおすすめの本です。

なんせ色々なストレスに対しての解決策が100種類も紹介されているので
あなたがストレスで壊れる前に是非読んでみてください。

↓にAmazonのリンクを貼っておくので気になる方はどうぞ。

 

私の書いているブログにもストレス対策の記事がありますので
↓のリンクからどうぞ

ストレスを抱えた時に使いたいストレス解消法

 

あなたがストレスフリーで生活できることを願っています。

 

引用元情報
著者:鈴木祐
タイトル:超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド
発売年:2018年
発行者:稲村貴
編集担当:松木丈一郎
表紙デザイン:細工場
イラスト:高梨としみつ
発行所:株式会社鉄人社


    コメント

    タイトルとURLをコピーしました