スポンサーリンク

【商売上手になるコツ】は、お金ではなく時間を使って適正価格の認識を歪めること!?

スポンサーリンク
お金に支配されない13の真実
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「【商売上手になるコツ】は、お金ではなく時間を使って適正価格の認識を歪めること!?」です。

「なかなか思うように物が売れない」
「フリマアプリやフリーマーケットに出品しても売れるか心配」

そんな何かを売るのが苦手なあなたのために書いた記事です。

 

情報元は
クラウディア・ハモンドの「193の心理研究でわかった お金に支配されない13の真実」です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金を払うのは嫌だが時間を使うのはOK

 

あなたは↓の2つの看板のうちどちらを購入しようと思いますか?
「少しの時間を使って、C&D(会社名)のレモネードをお楽しみください」

「少しのお金を使って、C&Dのレモネードをお楽しみください」

 

さてあなたはどちらの看板のお店を選びましたか?

あなたがお金持ちで「時間>お金」の考え方を持っていない限り
「少しの時間を使って」の看板のお店を選んだはずです。

 

なぜお金ではなく時間を選んだかと言うと
あなたの感情的思考が刺激されたからです。 

感情的思考とは言葉の通り
あなたの気持ちに従って意思決定することです。

例えば、
「時間を使って」と「お金を使って」
の2つの看板がありました。

実際に売られていたレモネードの値段はどちらも同じです。

しかしあなたは看板の文言で買うお店を選びました。

「時間を使って」のお店でレモネードを買うことを選んだ人は

「お金」というワードに店の営利的な目的が嫌だけど
「時間」というワードなら単純なレモネードを楽しむことに結び付けられるからです。

 

ようするに、
人間は言葉を変えるだけで反応も変わるということです。

イオン系列のスーパーでよく行われている
火曜市などのセールがありますよね?

あれも火曜市で広告の品と書かれているから安いと
感情的思考が働くが、
実際はセールが行われていない日の値段と同じか高い場合もあります。
※今回はあくまで値段に焦点を当てて話しています。

 

本当に考えて買い物をしている人なら
広告の品ではなく、値段を見て判断できますよね。

 

人間の恐ろしいところは、
楽をしたいと思うあまり無意識に行動してしまうところです。

 

なので、あなたが何か商品を出品した際に
「○○限定」や「本日限定○○%OFF」なんて
つけると騙される人が出てくるかもしれませんね。

個人的にはお客さんに不誠実な行動はおすすめしませんが。

 

もっとも、食洗器の広告で
「頑張っているあなたへ、ひと時の休息を」
は面白いと思いました。

高い買い物のはずなのに
食洗器=お金ではなく
食洗器=時間
のイメージを伝え時間が買えるなら食洗器を買ってもいいという人が増えたそうです。

 

最後に

 

今回は感情的思考についてご紹介しました。

 

クラウディア・ハモンドの「193の心理研究でわかった お金に支配されない13の真実」では、
お金とっ心の関係について書かれています。

お金はただの道具なのに、なぜお金自体に価値があるのか?
などなど書かれています。

↓にAmazonのリンクを貼っておくので気になる方はどうぞ。

 

私のブログの過去記事にもクラウディア・ハモンドの「お金に支配されない13の真実」の
記事を書いているので↓のリンクからどうぞ。

 お金の正しい使い方を身に着ける心理学

 

あなたの商品が無事に売れることを願っています。

 

引用元情報
タイトル:MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実
著者:クラウディア・ハモンド
発売年:2017年
訳者:木尾糸己
発行者:佐藤和夫
発行所:株式会社あさ出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました