仲間から慕われ・最も成功しやすい性格とは?

GIVE&TAKE GIVE&TAKE
スポンサーリンク

こんにちは!
今回はアダム・グラントの「GIVR&TAKE」です。

あなたの周りで特に慕われてる人ってどんな性格?
周囲から認められる存在になるには?
上司や客先から好かれるには?

そんな周囲の人から慕われたい・人間関係で成功したそんな人に向けた記事です。

 

             

 

3つのタイプ(テイカー・マッチャ―・ギバー)

 

著者アダム・グラントが考える人間の基底には「テイカー」・「マッチャ―」・「ギバー」3種類の思考と行動パターンが存在すると考えています。

 

ここでは3種類の思考と行動パターンを紹介し次の章でどの性格が一番慕われ・成功するのかをご紹介します。

 

【テイカー】とは
真っ先に自分の利益を優先させる人

解説すると、1000円を2人で分けるときに自分が800円相手が200円のように自分の取り分の方を多くするそれがテイカーです。

道徳観点で見るとテイカーは非難されそうな対象ですが、ビジネスで考えると当たり前の考え方をしています。
自己の利益を最大限に考え行動する。
これは企業の社長も同じように考えている人が多いと思います。

テイカーは一番お金を稼ぐのに有利な性格そうですね。

 

【マッチャ―】とは
損得のバランスを考える人

解説すると、1000円を2人で分けるとき自分が500円相手が500円のように取り分を公平に分けるのがマッチャ―です。

ここではお金の例で考えましたが、
人間関係で考えると、相手に裏切られればマッチャーも裏切る。
相手が信頼できる人物ならマッチャ―も信じる。

簡単に言うとやられたらやり返すリベンジタイプです。

この性格は中立の立場とも考えれるのでリスクもリターンも同じ量を保てるので一番損をしにくい性格そうですね。

 

【ギバー】とは
人に惜しみなく与える人

解説すると、1000円を2人で分けるとき自分が200円相手が800円のように自分の取り分の方を少なくするそれがギバーです。

誰から見ても損をしていますね。
人間関係においても人に裏切られても次は大丈夫と信頼する。
困ってる人や自分が頼られるといくら忙しくても助けてしまう。

自己犠牲のようなタイプです。

ギバーはビジネスでは相手に遠慮したり人間関係では裏切られる対象になりやすいので一番損をする可能性がありますね。

 

さぁ「テイカー」・「マッチャ―」・「ギバー」の3タイプの解説が終わりました。
あなたはどのタイプでしたか?

あなたのタイプが分かったところで次はだれが一番人間関係やビジネスで成功するタイプなのかです!

 

            

3つのタイプで一番成功するのは?

 

ここまで焦らしたので早速結論を言いたいところなんですが、
あなたは3つのタイプのうちどのタイプが一番成功すると思いますか?

答えを見る前に少し考えてみて下さい。

 

さて答えを発表します!

一番で成功するのは
「ギバーです」

 

どうでしたか?

反論もあると思いますので少し解説します。

「ギバー」が最も成功する理由は人間関係において慕われやすいからです。

人から頼られると断れないギバーですがこれが人間関係をいい方向に持っていきます。

あなたも経験無いですか?
自分に良くしてくれた人に好意を持つこと

これがギバーの魅力です。

そしてビジネスでも同じことが起きます。
あなたが企業の社長になったと想像してみて下さい。
あなたのことを考え様々な資料や最も適した選択を提供してくれる。

無理やり契約させられるよりもあなたに合った提案をしてくれるそんなギバーなら内容にもよりますが、ついつい契約してしまいませんか?

 

もちろん「テイカー」や「マッチャ―」にもいい点はありますよ。
テイカーは短期的な利益を得られやすいですし
マッチャ―はギバーよりもテイカーの食い物にされないなんて利点があります。

 

ただ人間ですので、一番自分のことを考え自分のために動いてくれるギバーをみんなが慕うのです。

 

            

最後に

 

今回「テイカー」・「マッチャー」・「ギバー」3つのタイプで一番成功するのは「ギバー」という話でした。

 

しかしあなたが今日からギバーになって人に惜しみなく与える人になろうと思うとただテイカーに食い物にされる可能性があります。

ギバーは他の人のために自分の時間を惜しみなく与える代わりにギバーには気を付けないといけない点が多くあります。

人から裏切られないようにふるまえばギバーではなくマッチャ―になったり難しいです。

 

「GIVE&TAKE」ではいかにギバーが得をする性格タイプかを解説したのちにギバーが成功するために欠かすことのできない考え方も紹介されています。

ただ人に惜しみなく与えるだけではだめです。

ギバーがどういう風にふるまえば成功しギバーが損をしないのかそれが気になったのであれば是非「GIVE&TAKE」を読んでみて下さい。

きっとあなたの今後の行動を考えさせられる良いきっかけになるはずです。

 


GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 [ アダム・グラント ]

 

引用元情報
著者:アダム・グラント
書籍名:GIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代
発売年:2012年
監訳者:楠木建
発行者:押鐘太陽
発行所:株式会社三笠書房
印刷:誠宏印刷
製本:若林製本工場
カバーデザイン:三笠書房装幀室

コメント

タイトルとURLをコピーしました