その自殺、周りに流されてませんか?

影響力の武器 ロバート・Bチャルディーニ
スポンサーリンク

こんにちは!
今回は、ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器」から社会的証明と自殺の関係です。

2020年7月18日に三浦春馬の自殺が報道されましたが、この報道によって報道を見た人の自殺率が増加します。

そろそろ自分も楽になろうと考えているあなた
大切な人に長く生きていて欲しいあなたには是非読んでいただきたいです。

 

ちなみに私自身しんどい人生を送るなら今すぐ自殺でもして楽になった方がいいと思っています。
私が生きている理由は、
田村ゆかりさんが後何年続けるかわからないし、すっぱりやめてしまうかもしれないけど、後1年・もう1年と活動を続けてくれているからです。

小学生からいじめられるの皆勤賞でしたし、正直生きていたところで一握りの楽しいのために99%の辛いことを耐えるのなんて非効率だと考えています。

本当に田村ゆかりさんが居なければ僕も居ないような存在です。
田村ゆかりさんから生きる意味を貰っている状態です。

 

そんな私が今回、自殺について書いてみるので読んでいってくださいよ。
別にあなたを助けようとなんて思ってません。

 

スポンサーリンク

社会的証明とは?

 

自殺は意味がわかるけど
社会的証明の意味が分からない方のために少しご紹介します。

 

「影響力の武器」本文から社会的証明の意味を引用すると以下のようになります。

これは、人はほかの人たちが何を正しいと考えているかを基準にして物事を判断する、というものです。この原理が特に適用されるのは、どう行動するのが正しいかを決めるときです。特定の状況で、ある行動を遂行する人が多いほど、人はそれが正し行動だと判断します。

P189 第4章 社会的証明ー真実は私たちに

 

これが社会的証明の原理です。

例えるなら、
学校でいじめを受けていても誰も助けてくれないのも社会的証明が原因です。

多くの人と同じ行動が正しいと思うので、
あなたがいじめを受けていてもそれを見て見ぬふりをする人が多ければ多いほど誰も助けてくれません。

むしろ、周りの人があなたを助けようとしないから私も助けない。
周りの人と同じ私の行動は正しいとさえ正当化しています。

 

いじめを受けたことある人もしくは、傍観を決め込んでいた人には心当たりがあるのではないですか?

社会的証明はいい方向に作用することもありますが、このように最悪な方向にも作用します。

 

ここまでで社会的証明の意味がお分かりいただけたと思います。

では、なぜ自殺報道が自殺率上昇に関係があるのか?

 

自殺報道が自殺率を上げる原因

 

自殺報道が、なぜ自殺率を上昇させるのか?

それは、他人の自殺を知ると多くの人が自分にとっても自殺が適切な行動だと考えてしまうからです

ちなみに、自殺報道された人と同じ特徴(年齢や経歴等)を持っている人は特に影響を受けやすいです。

今回の三浦春馬さんの件だと30歳前後の人が特に影響を受けやすそうです。

 

あなたがもし、辛くしんどい状態で自殺をしようか悩んでいる時
今回の三浦春馬さんの自殺報道を見ると
あの有名人が自殺したなら私も自殺すれば救われる

こんな人が増加するので、自殺報道が出ると自殺率が上昇します。

ちなみに自殺が起きてから、3日~4日目が最も自殺率が高まるのでご注意くださいね。

 

最後に

 

今回は自殺報道が自殺率を高める理由として、社会的証明が原因であるでした。

 

冒頭でも言ったように別に今回の記事を読んで自殺はダメだよとか言いたいわけではありません。

ただ、1つだけ。
死ぬ時ぐらい人の真似をするんではなくて、死ぬなら自分の意思でどうぞ

知らず知らずのうちに人の真似ばっかりして最後まで人の真似するぐらいなら、最後の選択ぐらい自分で決めてみて下さい。

その結果、自殺することを選ぶも生きることを選ぶも自由ですから。

 

ちなみに、大切な人が思い悩んでいて自殺しそうなら今回の社会的証明の話をしてみて下さい。

隣の人の食べてるものが食べたくなる原理と同じ原理で自殺を選らんでると言えばある程度は馬鹿馬鹿しいを思ってくれるかもしれません。
まぁ止めた場合はあなたが責任を持って守ってあげて下さいね。

もっと詳しく社会的証明を勉強したい方は「影響力の武器」を読んでみて下さい。

きっとためになりますよ。

 


影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか [ ロバート・B・チャルディーニ ]

著者:ロバート・B・チャルディーニ
書籍名:影響力の武器 [第三版]
発売年:2014年
訳者:社会行動研究会
発行者:柴田敏樹
印刷者:日岐浩和
印刷所:株式会社誠信書房
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました