スポンサーリンク

やりきる力「意志力」を高めるたった3つの思考方法

スポンサーリンク
メンタリストDaiGo
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、やりきる力「意志力」を高める3つの思考方法をご紹介します。

「目標があるのに何もできない」
「ダイエットしたいけど続かない」
など途中で挫折してしまうあなたに向けた記事です。

 

記事を書くのにあたり引用させていただいた本は、
メンタリストDaigoさんの「子育ては心理学でラクになる」です。

「えっ!?子育てってことは子どもの話か…….」
と思わないでください。

私も読み始めてすぐに
子育て=子どもいない人には関係ない
というわけではありませんでした。

逆に子育てにコミュニケーション術などのビジネススキルを使ている親もいます。
ならば、子育ての心理学から学べることもあると思いませんか?

なにより、「子育ては心理学でラクになる」では
親が見本となって子供に教えること出てきます。

親は子どもの模範にならないといけない、
となると次第に我慢・忍耐力など誰にでも必要な能力が欠かせなくなりますよね?
そんな我慢・忍耐力を身に付ける方法も紹介されています。

子どもがいる人はもちろん、
子どもがいない人でも読み方を変えればあなた自身に有益なことがあるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意志力を高める3つの思考方法

 

最近では、スマホの普及によりスピード化社会とも言われるほど
連絡や情報の伝達が早すぎて人間の脳が処理できる範囲を超えてるとまで言われています。

新テニスの王子様「柳蓮二VS三津谷あくと」
の試合のようにデータを送られすぎて何もできなくなった柳蓮二みたいですね。

 

しかし、スピード化社会でも
ダイエット、仕事などなどやりたいことやらなければならないことは沢山あります。

でも、なにも手につかない。
途中でYouTube見たりスマホゲームをはじめてしまう。
そんなあなたに3つの思考方法をお伝えします。

1.やらない力

2.やる力

3.望む力

この3つの思考方法があなたを助けてくれます。

やらない力

 

まず、1つ目の「やらない力」です。

「やらない力」は言葉にすると簡単です。

「ダイエットをすると決めたらお菓子を食べない」
「勉強すると決めたら終わるまでスマホやゲームをしない」
「貯金すると決めたら無駄な出費はしない」

このように目標を達成するために我慢する力が
「やらない力」です。

 

言葉で言うのは簡単ですが、
実際我慢できますか?

ダイエットをはじめたはいいものの
仕事や人間関係のストレスでついつい食べてしまう。

勉強をはじめたけど気づいたらスマホが気になり触っていた。

500円貯金を始めて10万円貯めると決めたのに
貯金箱の中身はすっからかん。

なんて経験ありませんか?

そうなんです、「やらない力」は
単体ではすぐに誘惑に負けてしまいます

他の記事に書いたかは忘れましたが、
人間が誘惑に勝てる確率は50%しかないんです。

ダイエットをすると決めても、
お菓子を食べたいと2回思ってしまったら
多くの人がダイエット中にもかかわらずお菓子を食べてしまいます。

やる力

 

2つ目は「やる力」です。

1つ目の「やらない力」とは光と影のような関係です。

「やらない力」の例をそのまま使用すると

 

「ダイエットをすると決めたなら毎日最低30分運動をする」
「勉強をすると決めたなら目標の範囲が終わるまで勉強を続ける」
「貯金を決めたなら目標金額まで毎日貯金する」

このように決めた目標を達成するために何かを行うことが
「やる力」です。

 

1つ目の「やらない力」と2つ目の「やる力」を合わせると、

「ダイエットをするからお菓子は食べずに
健康にいい野菜中心の生活にする」

「勉強をするからスマホは触らずに
今日やる範囲は終わらせる」

「貯金をするから出費を減らすために外食を控え
家で料理を作る」

こんな感じで
目標達成のためにやらないこと・やることを決めます。

 

しかし、「やらない力」「やる力」だけでは
途中で何のためにやっているのかわからなくなります。

何のために
「ダイエットしてるの?」
「勉強してるの?」
「貯金してるの?」

何のためにがわからなくなると人間の意志力は誘惑に負けてしまいます。

望む力

 

3つ目が「望む力」です。

ここでも、1つ目の「やらない力」と2つ目の「やる力」の例を使いましょう。

 

「ダイエットをするのは今年の夏は海に行くから!」

「勉強するのはテストの点数が良かったら欲しい物を買ってもらえるから!」

「貯金するのは田村ゆかりのライブに行きたいから!」

のように目標を立てたときに
なぜその目標を立てたのか?という
具体的な理由がにあたるのが「望む力」です。

 

「やらない力」「やる力」「望む力」
なんとまぁ当たり前の思考方法だと思ったかもしれませんが
あなたは本当にこの3つが使えていますか?

「なぜダイエットが失敗するのか?」
「なぜ勉強が続かないのか?」
「なぜ貯金がたまらないのか?」

それは「やらない力」「やる力」「望む力」が欠けているからです。

 

特に「望む力」が欠けていると大惨事になります。

簡単に言えば記憶喪失になるのと似たような感覚です。

「あれ私なんでダイエットなんてしてたんだろう?」
「あれ私なんで勉強なんてしてたんだろう?」
「あれ私なんで貯金なんてしてたんだろう?」

というように、
目的がなければダイエットも勉強も貯金もやる必要がないですよね?

むしろ、辛いことはやめて欲望のおもむくままに生きたいですよね。

 

しかし、「望む力」を持っていたら

「海に行くんだからダイエットしないと!
恥ずかしい身体じゃ水着になれない!」

「欲しい物を買ってほしい!
だから勉強するんだ!」

「田村ゆかりのライブに行くのは人生だ!
お金がなくていけないなんて死んでも死にきれん!」

のように自分を鼓舞してくれます。

最後に

 

今回は、意志力を高めるためのたった3つの思考方法ということで
「やらない力」「やる力」「望む力」をご紹介しました。

 

最初にも言ったようにこの内容は
「子育ては心理学でラクになる」という子育ての本の話なんですよ!

いやぁ~子育てにとどめておくのはもったいないぐらい使える知識ですよね。

科学的な根拠があり、
研究内容が信頼できるものならいろいろなことに応用できるってことですね。

 

てなわけで、気になった方は「子育ては心理学でラクになる」を読んでみて下さい。

ちなみに私は、アマゾンプライム会員なのでAmazonkindleの無料版で読みました。

お金はないけど、本は読みたい!
月額500円でピックアップされた本が読めるのは有意義ですし、
アマゾンプライム版では読める本が限られてるので
自分の興味なかった本に触れる機会も出てくるので雑食人にはおススメです。

この本が読みたい!ってのがある人は
紙の本や電子書籍、オーディオブックで指定の本を買うことをおすすめします。

引用元情報
書籍名:子育ては心理学でラクになる
著者:メンタリストDaigo
発売年:
発行人:黒川裕二
発行所:株式会社主婦と生活
取材・編集:堀田康子
撮影:宮濱裕美子
デザイン:早坂美緒(テイクオフ)
イラスト:村上智行(テイクオフ)
ヘアメイク:永瀬多壱(VANITES)・茂手山貴子
スタイリング:三枝綾
校閲:K.I.A
編集担当:深山里映
衣装協力:LANVIN en Bleu
取材協力:小山人志(ファクト)・大村康(大村プロモーションルーム)・空閑香織・川上渡
撮影協力:井川行華・行乃・伊藤晋之介・宇都宮里佳・裕太・加藤テッド孝英
     笹林駿平・関優弥・町井孝輔・深山謙

コメント

タイトルとURLをコピーしました