スポンサーリンク

有酸素運動が不安症対策に効果ありという根拠

スポンサーリンク
エリック・ヘイガーマン
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「有酸素運動が不安症対策に効果ありという根拠」です。

「何か新しいことを始めたいけど不安だ」
「人前に出るのが不安」
など何をするにしても不安を抱えるあなたのために書いた記事です。

ちなみに、私も極度の不安症だったので
筋トレ+ノルウェー式HIITのランニングを行っています。

効果が出てる実感はあまりありませんが、
抜け毛が減って毛量が増えた気がします。
※不安が解消されストレスが減少したからと思われます。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
ジョンJ.レイティwithエリック・ヘイガーマンの
「脳を鍛えるには運動しかない!」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ不安症対策に有酸素運動なのか?

 

先になぜ不安症対策に有酸素運動が効果的なのかをご紹介します。

有酸素運動が不安対策に効果的なのは、
「運動によって鼓動と呼吸が早くなるのを経験し、
鼓動や呼吸が早くなること=不安の発作と身体が思わなくなる」からです。

 

あなたは、自分が不安になった時自分の身体の変化に気がついていますか?

不安になるた多くの人は、
「呼吸が浅くなる」
「胸の鼓動が早くなる」
「お腹が痛くなる」
などの異変が不安のサインとして身体に出てきます。

しかし、運動をしても
呼吸は浅くなり、鼓動もはやくなりますよね。

人間の体は無意識に判断する機能が備わっているので
無意識的に呼吸や鼓動が早くなっても大丈夫と教える必要があります。

そのために有酸素運動が効果的なんです。

※ちなみに、人間の無意識の行動は過去の記事でも多く紹介しています。
下のリンクは希少性に無意識的な反応をする理由を紹介しています。
「残り後わずかです!お買い求めはお早めに!みたいな宣伝文句にダマされてませんか?」
https://hiroki-library.com/?p=616

有酸素運動が不安症対策に効果ありと認めた研究

 

有酸素運動が不安症対策に効果ありと認めた研究は、数多く存在しますが
今回はそのうちの1つをご紹介します。

2004年にサザンミシシッピ大学の研究者ジョシュア・ブロマン=ファルクスが
運動が不安感受性を下げるかどうかを調べた研究です。

対象者は不安感受性が高く、全般性不安障害を抱え、
運動は週に一回するかしないかの学生を54名です。

ブロマン=ファルクスは被験者をランダムに2つのグループに分けました。
どちらのグループにも2週間の間に20分間の運動を6回させる。

一方のグループには最大心拍数の60%~90%の強度でランニングマシンで走らせ
一方のグループには時速1.6キロのペースでランニングマシンを歩かせ最大心拍数の約半分ぐらいのレベル。

※心拍数60%~90%の学生の方がしんどい運動をしています。

 

研究の結果は、
どちらのグループも不安感受性の低下が認められました。

ただし、心拍数60%~90%の運動をしたグループの方が
早く大きな効果が出ていました。
加えて、不安の症状を恐れなくなっていました。
※2つのグループの違いは2回目の運動直後から出ていました。

あなたは運動しますか?しませんか?

 

有酸素運動が不安症対策に効果がある理由をご紹介しました。

ちなみに、研究事例はまだまだ存在するのでもっと知りたい方は文献をあさるか
ジョンJ.レイティwithエリック・ヘイガーマンの「脳を鍛えるには運動しかない!」
を読んで下さい。

 

さぁ、ここからが大切です。

あなたは知識として有酸素運動が不安症対策に効果があることを知りました。

10分後のあなた、10カ月後のあなた、10年後のあなたを想像してみて下さい。

10分後には軽いジョギングをもう始めていますか?
それとも何もせずにスマホをいじっていますか?

10か月後には運動が習慣になっていて毎日ランニングの時間を作っていますか?
それともまだ不安を抱えたまま生活していますか?

10年後には運動が楽しみになり不安に対して恐れなくなりましたか?
それとも、不安におびえ人前や新しいことにチャレンジできないままですか?

あなたの10分後・10カ月後・10年後を想像できましたか?

 


知識は知っているだけでは何も意味をなしません。
誰かに、「運動が不安に効果的」と説明しても
あなたが不安を抱えたままでは信用すらしてくれないでしょう。

知識は使って、何度も繰り返し習慣にして身に付けてこそ価値があります。

もし、あなたが不安症に悩んでいて記事を読んでくれているなら
今から散歩でもいいので始めてみませんか?

徐々にレベルを上げて有酸素運動までたどり着けば大丈夫です。
最初はあなたに無理がない程度の強度で運動を始めてみましょう。

あなたが知り実際に使って身に付けた知識こそあなたの本当の武器になってくれるはずです。

最後に

 

今回は、有酸素運動が不安症対策に効果的な理由をご紹介しました。

ジョンJ.レイティwithエリック・ヘイガーマンの「脳を鍛えるには運動しかない!」では、
「成績アップ」「鬱の改善」「認知症の予防」などなど
運動が効果的な理由を教えてくれます。

運動をしていなくて、どうすればいいのかわからないという人には
おすすめの本です。

まぁ読み始めると脳科学の専門用語や始めて見るような用語も多く出てきます。
最初から全部を読まなくて大丈夫です。
気になる章から読んで結果を知りなぜそうなるのかが気になれば
専門用語での解説を読んでみるとより一層面白く感じますよ!

引用元情報
著者:ジョンJ.レイティ/エリック・ヘイガーマン
書籍名:脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方
発売年:2009年
訳者:野中香方子
発行者:森永公紀
発行所:NHK出版

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました