スポンサーリンク

意外と知られていない頑固な人に共通する特徴と、とある誘惑に弱い理由

スポンサーリンク
ロバート・Bチャルディーニ
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「意外と知られていない頑固な人に共通する特徴と、とある誘惑に弱い理由」です。

「自分は物事に柔軟に対応できている」
「あの頑固者をどう説得すればいいのかわからない」
など頑固者だと気づいていない人や頑固者に対抗したいあなたに向けた記事です。

ちなみに私は、頑固とは対極に存在するのれんよりも薄っぺらい人間です。

 

記事を書くにあたり引用させていただいた本は、
ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人間は動かされるのか【第三版】」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頑固者に共通する2つのこと

 

ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人間は動かされるのか【第三版】」では、
一貫性の原理に弱い人の特徴を2つ挙げてくれています。

「一貫性の原理と頑固者って同じなの?」
と思われるかもしれませんが、

一貫性の原理に弱い人は、いわゆる1度決めたことを変えない人に当たります。

頑固者も自分の考えを変えない人を指す言葉としてよく使われているので今回の記事では、
「一貫性の原理に弱い人=頑固者」とします。

 

頑固者に共通する2つの特徴とは?

1.年齢が重なるにつれて頑固者になる(50代からは特に傾向が強くなる)

2.個人主義の人間

この2つが頑固者に共通する2つの特徴です。

 

うすうす高齢の人ほど頑固者のイメージはありましたが、
研究調査で証明されるほどだとは思いませんでしたね。

年齢がなぜ頑固者につながるのか?

 

ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人間は動かされるのか【第三版】」では
年齢が頑固者につながる理由として
「段階的要請法」や「承諾先取り法」に弱いからと述べています。

段階的要請方法とは?
全く関係ないことに「はい」と答えると
次の要望にも「はい」と答えやすくなることです。
例:
年齢は70歳ですか?「はい」⇒美味しいご飯は好きですか?「はい」⇒
壺を買ってくれますか?「はい」

承諾先取り法とは?
先に「はい」と回答を貰ってましたと言われると
自分が1度決めたことだから変えられないと思ってしまうこと。
例:
この前壺を購入することに署名をいただいた件ですが、
30万円支払ってください。
「そんな覚えはありません(本当に署名などしていない)」
いえいえそんなことはありませんご自身で決めたことを忘れたのですか?
「(言った気もする………)わかりましたお支払いします」

 

さて、この例を読んであなたはどう思いましたか?
「そんなバカはいないだろう」
「空想上の生き物ではないのか?」
と思うかもしれませんが、高齢の方が振り込め詐欺などの被害にあっていると考えると
納得してもらえるはずです。

 

個人主義がなぜ頑固者につながるのか?

 

ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人間は動かされるのか【第三版】」では
個人主義が頑固者につながる理由として
何かを決める際に周囲の人の経験や意見よりも
まずは自分の過去の経験を考え自分の意見や振る舞いを中心に考えるからだと述べられています。

 

個人主義は日本人にはあまり当てはまらないのではないか?
なぜなら集団に合わせて生きるような社会風習があるからと思われがちですが
実際に自分の上司や同僚を見てもらえればおのずと答えは出てくるはずです。

スマホなどの新しいモノが使えないから古い慣習にとらわれている人なんか
まさに個人主義な考え方ですよね。

自分が今までしてきたことや自分の意見よりも
新しいものに自分が慣れ親しんだ方が効率的になると数字で証明してもきっと無駄でしょうね。

 

頑固者が特に弱いとある誘惑

 

頑固者が特に弱い誘惑についてあなたは何か思いつくものがありますか?

年齢の話で若干ネタバレはしてしまいましたが……..

 

答えは、一貫性の原理です。

具体的に言うなら「詐欺」「過去の自分と比較されたとき」です。

 

年齢の話の際に
高齢者になるほど詐欺に合いやすくなるのはすでにお伝えしました。

では、「過去の自分と比較された時」とはいったい何なのか?

それは、「前にあなたが〇〇と言ってたじゃないですか」といった具合に
昔の承認や決断を人質に出されると一貫性の原理が働き
「確かに1度決めたことだから」と折れてくれます。
「承諾先取り法」に似ていますが。

 

あなたの周りに頑固者が居るなら是非試して欲しいことがあります。
それは、暇な時に「忙しい時期の休みの承諾を取る」ことです。

「長期休みを取りたい」や「ライブの次の日だから休みたい」
けどそんな日に限って繁忙期や忙しい日に重なっていた経験ありませんか?

そして、しぶしぶ休まずに仕事に出るなんてよくありませんか?

こんな状況に悩んでいるなら是非暇な時に先に承諾を貰ってみて下さい。
上司が頑固者なら休む前日に文句を言われても言い返してください。
「〇〇さんが〇日に承諾してくれたの忘れたんですか?」と。

なかなか勇気のいることですし、後々のことを考えると胃が痛くなるかもしれませんが
正直1日休んだぐらいで根に持たれるならさっさと転職でもした方がいいです。
仕事のために働いてるなら止めはしませんが。

最後に

 

今回は頑固者の特徴として、
年齢と個人主義そして、頑固者は詐欺や一度決めたことに弱いことをご紹介しました。

 

記事の内容のように、
「人間が持っている性格に対して的確にアプローチできるようになりたい」
「人間が無意識のうちに操られていることを知りたい」
「もう人にだまされたくない」
などと考えている方には

ロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人間は動かされるのか【第三版】」は、
おすすめの本です。

あなたが読めばきっと、
スーパーの買い物をしている時でも変な宣伝文句に騙されなくなるはずですから。

著者:ロバート・B・チャルディーニ
書籍名:影響力の武器 [第三版]
発売年:2014年
訳者:社会行動研究会
発行者:柴田敏樹
印刷者:日岐浩和
印刷所:株式会社誠信書房

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました